スズキ オーストラリアのApplied EVに出資 ソフトウェア開発強化へ【動画】

スズキは2022年9月12日、次世代モビリティ用ソフトウェア開発の強化にむけて、Applied Electric Vehicles Ltd(本社:オーストラリア ビクトリア州)へ出資すると発表した。

Applied EVは、電動化や自動運転のソフトウェアなどの技術に強みを持つオーストラリアのスタートアップ企業で、すでに自動運転システムの開発など先進的な技術を開発している。

スズキは2021年9月、基本合意書をApplied EVと締結し、将来の協業可能性を検討してきたが、今回のApplied EVへの出資を通じて、両社の関係をさらに強化し、次世代モビリティ用ソフトウェア関連技術の共同開発の推進や事業シナジーの実現を目指すとしている。

・Applied Electric Vehicles Ltd概要
本社:オーストラリア ビクトリア州メルボルン市
事業概要:モビリティ分野のソフトウェアの開発・提供
代表者(CEO):ジュリアン・ブロードベント
創立:2015年
技術:車載電装部品の点数と複雑さ、車両コストを低減しながら、ソフトウェアによって車両の機能を向上させる統合制御システム「Digital Backbone」(デジタルバックボーン)。食料品や荷物などの配送から産業での使用まで、商用車の様々な用途に対応できる車両プラットフォーム「Blanc Robot」(ブランクロボット)などを開発している。

Applied Electric Vehicles:https://www.appliedev.com/

スズキ 関連記事
スズキ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る