スズキ インドで新型 SUV「グランドビターラ」発表 トヨタ工場で生産するグローバル戦略モデル

スズキのインド子会社マルチ・スズキ・インディア社(マルチ・スズキ)は2022年7月20日、新型 SUV「グランドビターラ」を発表した。この新型「グランドビターラ」は、トヨタとスズキの業務提携による協業のひとつであるグローバルでの車両のOEM相互供給のもと、スズキが開発し、トヨタ・キルロスカ・モーター(インド)で8月から生産を開始するモデルとなる。インド国内での販売はもちろん、アフリカなど海外への輸出も計画されている。

【関連記事】スズキ車をトヨタ工場で生産:https://autoprove.net/japanese-car/toyota/208670/

スズキは、グローバルでのSUVのフラッグシップとして、新型「グランドビターラ」を開発。グローバル戦略モデルでエクステリアはショルダーラインや前後フェンダーを強調することで、SUVらしい力強さを表現し、フロントに特徴的な3灯式LEDランプ、左右のランプをつなぐクロームバー、多角形グリルを採用し、上質感を生み出している。

インテリアは、剛性感のあるインパネや太いコンソールを採用することで、逞しいSUVのイメージを強調し、インスツルメントパネルやトリムはボルドーとブラックの2トーンカラーにシルバーステッチを施した合皮を採用し、洗練された上質な空間としている。

また、全方位モニターやヘッドアップディスプレイなどの先進装備を採用し、インドでマルチ・スズキ社が展開するコネクテッドサービス「スズキコネクト」に対応しているほか、ワイヤレスチャージャーや後部座席のエアコン吹き出し口などの快適装備を採用している。

パワートレインはマイルドハイブリッドのほか、ハイブリッドシステム「インテリジェントエレクトリックハイブリッド」(THS-Ⅱ)をインドで初導入。さらに4WD仕様車には4つの走行モードをダイヤルで簡単に選択できる「ALLGRIP」をインドで初採用している。

ボディサイズは、全長4345mm、全幅1795mm、全高1645mm、ホイールベース2600mmでCセグメント・サイズだ。搭載エンジンは1.5Lで、インテリジェントエレクトリックハイブリッド(ハイブリッド)と、1.5Lスマートハイブリッド(マイルドハイブリッド)をラインアップし、インド市場における電動化のリーダーを目指すモデルだ。

マルチ・スズキ 公式サイト

スズキ 関連記事
スズキ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る