スズキ 車載通信機を搭載するコネクテッドサービス「スズキコネクト」を開始

スズキは2021年12月3日、車両に様々なデータの送受信を可能とする車載通信機(DCM)を搭載し、オペレーターサービスやスマートフォンのアプリと通信するコネクテッドサービス「スズキコネクト」を開始すると発表した。その適用第1弾が12月24日に発売するスペーシア シリーズとなる。

「スズキコネクト」は、オペレーターサービスやスマートフォンのアプリにより、事故や緊急時に消防・警察への通報をサポートする「スズキ緊急通報(ヘルプネット)」、車両に発生したトラブル解消をオペレーターがサポートする「スズキトラブルサポート」、遠隔でのエアコン操作などのリモート操作や駐車位置、運転履歴などの確認が可能な「スズキコネクトアプリ」で構成されるコネクテッド技術を活かした新サービスの総称だ。

スズキコネクトアプリでは、車両から離れてのエアコン操作、ドアロックのし忘れやハザードランプの消し忘れをスマートフォンに通知し、車両に戻ることなくドアロック、ハザードランプ消灯の操作、駐車位置確認、運転履歴確認、各種通知機能などができる。

また、コネクテッドカーから送信される警告灯の点灯状態やメンテナンス情報の共有が可能な「スズキコネクト店」を新設し、ユーザーにより迅速で充実したアフターサービスの提供もできるようになっている。

なお、スズキコネクトサービスが適用されるスペーシア シリーズでは、全方位モニター付メモリーナビゲーション スズキコネクト対応通信機のオプションを選択する必要がある。

全方位モニター付メモリーナビゲーション スズキコネクト対応通信機の価格は、スペーシアが22万円、スペーシア カスタム、スペーシア ギアは21万7800円となっている。

スズキ 関連記事
スズキ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る