スズキ 新型コンパクト ハッチバック「セレリオ」をインドで発売

スズキは2021年11月10日、インドの子会社マルチ・スズキ・インディア社は、フルモデルチェンジをしたAセグメントのコンパクトカー、新型「セレリオ」を発表した。11月からインドで販売を開始し、その後は順次、中南米、中東、アフリカなどへ輸出も開始するグローバルカーだ。

セレリオは、2014年にインドで発売して以来、コンパクトなボディながら広い室内と荷室を確保し、高い評価を得ている主力モデルだ。今回、初めてフルモデルチェンジを行なった新型セレリオはスタイリングを一新。さらに新たなエンジンとプラットフォームを採用することで軽量化と燃費向上を図り、キャビンのスペース効率も一段と高めている。

ボディサイズは、全長3695mm、全幅1655mm、全高1555mm、ホイールベース2435mm。K10C型の3気筒1.0Lエンジンを搭載するAセグメントのハッチバックだ。なおトランスミッションは5速MT、AGS(オートギヤシフト:ANMT)が設定されている。車両重量は800kg~825kgと軽自動車並みに軽量化されている。

エクステリアは、精悍なヘッドライトとアグレッシブなフロントグリルを採用。ボディは抑揚のある曲線と面構成により、躍動感のあるフォルムとなっている。インテリアは、シートなどのレイアウトを改善することにより、足回りの空間を広げ、さらに快適性を向上させつつ十分な荷室容量を確保している。またスマートフォンと接続可能な7インチタッチパネル式ディスプレイオーディオを採用している。

燃焼効率の優れたK10C型デュアルジェット・エンジンを、軽量で高剛性のプラットフォー「ハーテクト」に搭載している。

2020年度のインド乗用車市場は約271万台で、そのうちの約半数は新型セレリオのようなハッチバックが占めている。そのためマルチ・スズキは、エントリーカーやセカンドカーユーザーを主なターゲットとして新型セレリオを投入したのだ。なお新型セレリオはマルチ・スズキのマネサール工場で生産される。

スズキ 関連記事
スズキ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る