スズキ 高齢者の運転と認知機能の関係性について実証事業を開始

スズキは2021年9月13日、国立浜松医科大学と静岡県浜松市と協働し、「高齢ドライバーにおける日常の運転行動特性と認知機能の関係性:前向きコホート研究」を開始したと発表しました。

浜松ウエルネス・ラボ

浜松市は、市民の疾病・介護予防や健康増進につながる社会実証事業を実施する官民連携組織として「浜松ウエルネス・ラボ」を2020年4月に設置していますが、今回の実証事業は、この「浜松ウエルネス・ラボ」の取り組みの一環として実施されます。

実証事業の目的は、運転データと認知機能検査の関係を分析することにより、日常の運転行動のどのような側面が、認知機能の低下と関係するかを明らかにすることです。

自動車の運転は、多くの方にとって必要不可欠な日常的行動であり、適切に自動車を運転するためには注意力や記憶力など様々な認知機能が必要になりますが、加齢にともなってこうした機能が低下することは一般的に広く知られています。また、ドライビングシミュレータなどを用いた研究では、運転行動と認知機能の低下の関連も示唆されています。しかしながら、認知機能の低下が日常の運転行動にどのような影響を与えるかはあまりわかっていないのが実情です。

今回の研究の成果は、将来的に運転行動の変化から認知機能の低下を早期に発見する技術の開発につながる可能性があります。

実証の方法は、参加者に事前に認知機能検査(MMSE)、ツールを使っての脳の健康度チェックと、自動車の運転に関するアンケートへの記入を行ない、その後、配布する運転データ取得用の専用デバイスを自家用車のアクセサリーソケットに取り付け、普段通り運転をすることになります。3ヵ月後、アンケートを実施し実証は終了となります。

応募対象者は、60歳以上75歳以下の浜松市民などで、日常的に自家用車を運転される心身健康な方200名。応募者が200名に達し次第、募集は締切となります。

申込先:スズキ・次世代モビリティサービス本部
tel:053-440-2762
メールアドレス:contact-healthcare@hhq.suzuki.co.jp

スズキ 関連記事
スズキ 公式サイト


ページのトップに戻る