スバル 2017年8月度 生産・国内販売・輸出実績

スバル 2017年8月度 生産・国内販売・輸出実績

2017年9月28日、スバルは8月度の生産・国内販売・輸出実績を発表した。国内生産は国内向けレヴォーグ、 XV、海外向けXVが好調で、アメリカ向けインプレッサ生産を米国に移管したこによる減少をカバーし、2ヶ月連続の前年超えとなり、8月単月として過去最高の生産台数となっている。

海外生産は2016年7月から始まったライン増設による増産の結果、北米市場でのアウトバックの在庫不足が落ち着いてきたことにより、若干の減少となった。しかし1〜8月期では依然として過去最高を記録している。輸出は海外向けXVが好調のため、7ヶ月ぶりの前年同月比超えとなっている。

国内販売は、新型XV、新型レヴォーグ、新型WRX S4 の好調が寄与し、8月単月で過去最高となる1万113台を記録。軽自動車はステラの減少により、前年割れとなっている。軽自動車を含む国内販売は前年同月比+12.9%。

スバル アーカイブ
スバル公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る