スバルの電気自動車AWDの車名は「ソルテラ」に決定

スバルUSAは2021年5月11日、新型フル電動SUVの名称を「ソルテラ」とすることを発表しました。

「ソルテラ」は、スバルとトヨタの共同開発車両として設計され、新しい電気自動車専用のプラットフォーム「e-スバル グローバル・プラットフォーム(e-SGP)」を採用しています。なおトヨタ・バージョンはひと足早く上海モーターショーで発表された「bZ4X」です。

この新開発EVはスバルのAWD駆動技術とトヨタの電動車両技術を融合させ、共同開発されたCセグメント・クラスSUVモデルです。

なおソルテラという名前は、ラテン語で太陽と地球を意味する造語です。伝統的なSUVの性能や価値観を、環境に配慮した形で提供するという意味を込めたとしています。

「e-スバル グローバル・プラットフォーム」を開発するにあたり、スバル・ブランドの持つAWD駆動の性能、卓越したドライビングダイナミクス、世界トップレベルのパッシブセーフティと、汎用性の高いEV専用プラットフォームに集約することに取り組んだとしています。

この「e-スバル グローバル・プラットフォーム」の特長は、極めて高い柔軟性を備え、フロント、センター、リヤなど数種類のモジュールやユニットを組み合わせることで、様々なバリエーションのEVを効率的に展開することを可能にするモジュラーEVプラットフォームです。

その結果、スバルのSUVとしての性能と耐久性を備えた技術的にも先進的なフル電動SUVとして「ソルテラ」が生まれています。「ソルテラ」の開発は、この新型プラットフォームだけでなく、商品企画、設計、性能評価など幅広い分野でスバルとトヨタが共同で行なったとしています。

この新型「ソルテラ」は2022年夏頃までに日本、アメリカ/カナダ、ヨーロッパ、中国などで発売する予定となっています。この発売スケジュールから考えて、すでに最終プロトタイプは公道で最終的な熟成チューニングを行っているフェーズに入っていると推測できます。

またアメリカではいち早く「ソルテラ」の専用WEBサイトがオープンし、今後新たは情報を発信していく予定になっています。

スバル ソルテラ専用サイト

スバル 関連記事
スバル 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る