【東京オートサロン2023】スバル 新型「インプレッサ」プロトタイプ日本初公開

スバルは2023年1月13日、「東京オートサロン 2023」で、6代目となる新型「インプレッサ」プロトタイプを日本初公開した。6代目インプレッサ(GU型)は、すでに2022年11月にアメリカで北米仕様を発表しているが、右ハンドルの日本仕様車は今回が初登場だ。なお、今回の展示ではSTIの試作パーツを装備したプロトタイプである。

新型インプレッサの開発責任者の毛塚紹一郎プロジェクトゼネラルマネージャー

オートサロンの会場では、毛塚紹一郎プロジェクトゼネラルマネージャー(PGM)が新型インプレッサの概要をプレゼンテーションした。毛塚PGMは新型クロストレックの開発責任者でもあり、つまり先に発表されたクロストレックとインプレッサは同時開発が進められていたわけである。

新型インプレッサはアメリカでは2024年型モデルとして今春に発売が開始され、日本では2023年春から予約受注を開始し、第2四半期初め頃に正式発売すると予想されている。

従来のインプレッサは、ハッチバック系をインプレッサ スポーツ、セダン系をインプレッサ G4と呼称していたが、新型モデルからはハッチバック系を「インプレッサ」と呼び、セダン系は廃止されることを示唆している。

インプレッサはもともとグローバル市場に向けたCセグメントのモデルとして開発されてきたが、近年はインプレッサをベースとしたSUVモデルのクロストレック(XV)が最量販のグローバル・モデルに置き換わっているため、新型インプレッサはクラスを超えた安全性能と動的質感を兼ね備えたCセグメントのスタンダードモデルとされる。

新型インプレッサの訴求点は、Cセグメントの常識を超える運動性能と走りの質感の高さ、最新のアイサイトを始とする安全装備、そして利便性や日常での使い勝手の良さを追求しており、フォルクスワーゲン ゴルフを凌駕することを目指して開発されている。

ボディサイズは、全長4475mm、全幅1780mm、全高1515mm、ホイールベース2670mmで、全長、全幅がわずかに拡大されているもののほぼ従来型と同等でホイールベースも共通だ。

デザイン面でも従来型をベースにした、キープ・コンセプトということができる。インテリアでは縦型11.6インチのセンターインフォメーションディスプレイをインテリアの中央に配置しており、スバル共通のインターフェイスを採用し、インフォテイメント性能を最進化している。

新型インプレッサは、キープ・コンセプトながら大きく刷新されたのがプラットフォーム/ボディだ。改良された第2世代のスバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)をクロストレックと同様に採用し、ボディ骨格はインナーフレーム構造を新採用。

これによりボディ全体のさらなる高剛性化と軽量化を両立。微小な変形やたわみを抑えた高剛性ボディにより、サスペンションやエンジンマウントが本来の機能を発揮でき、操縦安定性を向上させるだけでなく路面からの振動の収束性を高め、質感が高くフラットで快適な乗り心地も実現している。また走行時の上質感もクラスの常識を破るレベルとなっている。

またルーフパネルとルーフフレームの間に、振動の吸収性が高く制振性に優れた高減衰マスチック(弾性接着剤)を採用。これにより、ルーフの振動によって発生する騒音の音圧を低減するとともに車内音の収束性が向上し、静粛性、快適性を向上。

室内では、シートの取り付けをボディ骨格に直付けすることで剛性を高めて乗り心地を向上。またシートは骨盤をしっかりと支える新シート構造を採用している。

シャシーでは、より応答遅れが少なく、上質なフィーリングの2ピニオン式電動パワーステアリング、ペダルの踏み込みに対してレスポンスのよい電動ブレーキブースターを装備。

パワートレインは2.0L直噴のFB20型の水平対向4気筒エンジンとCVT内のプライマリー軸にモーターを装備したトランスミッションを組み合わせたe-BOXERのみの設定となっている。FB20型は145ps/188Nmを発生。CVT内蔵のモーターは13.6ps/65Nmを発生する。CVTの変速比幅は7.0で、7速マニュアルシフト機能も備えている。

先進安全装備は、新世代アイサイト+広角単眼カメラを組み合わせた最進のアイサイト・システムを搭載。また 4つのカメラ映像を合成して車両周囲360度を映し出す3Dビュー/トップビューも設定し、車両周囲の視認性を向上。

ライト類はフルLEDハイ&ロービームランプ+LEDコーナリングランプを採用し、LEDコーナリングランプは交差点での右左折時などに進行方向を照らすことができる。

また通信モジュールを搭載し、最新のコネクティッドサービス「SUBARU STARLINK」を拡充しており、インフォテイメントでは、スマートフォンのApple CarPlay、Android Autoとの連携機能を大幅に強化し、普段使っているスマートフォンと同じ感覚でシームレスに扱えるインフォテインメントになっている。

この新型インプレッサは、4月頃に正式発表、予約受注となりデリバリーは6月以降が想定されている。

スバル インプレッサ 関連記事
スバル 関連記事
スバル 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る