スバル 軽自動車スーパーハイトワゴン「シフォン」を一部改良

スバルは2021年9月30日、軽自動車スーパーハイトワゴンの「シフォンを一部改良したと発表しました。なお「シフォン」はダイハツ タントのOEMモデルです。

シフォン カスタム RS スマートアシスト

今回の一部改良は、電動パーキングブレーキやオートブレーキホールドを採用し、利便性を向上しています。また、従来一部グレードに採用していた全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロールやレーンキープコントロールを「Lスマートアシスト」を除く全車に拡大展開し、選択肢を広げています。

さらに、コーナリング時に走行ラインが外側に膨らみそうになった際に内輪のブレーキを作動させ、狙ったラインの走行をサポートするコーナリングトレースアシストを新採用しました。これらの機能はメーカーオプションの「スマートクルーズパック」に含まれています。

シフォン G スマートアシスト

また、シフォン カスタムには新色「ターコイズブルーマイカメタリック」を採用したほか、従来シフォン カスタムでのみ選択可能だった「プラムブラウンクリスタル・マイカ」の採用範囲を拡大しています。

価格

スバル シフォン 関連記事
スバル 関連記事
スバル 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る