スバル バンコク国際モーターショーでマレーシア製フォレスターを初公開

forester
マレーシア生産のフォレスター

富士重工業は、タイのバンコクで開催している「第37回バンコク国際モーターショー」で、2月からマレーシアでKD生産を開始したフォレスターを初公開した。

マレーシアで生産されるフォレスターは、タンチョン・グループのスバル販売網を通じて、2016年春からマレーシア国内やタイ、インドネシアで販売を予定している。

日本でもおなじみのフォレスターは、スバルのSUVラインアップの旗艦モデル。マレーシアでの生産を開始したことで、ASEAN地域のさらなる拡販に向けて期待されている。

このほか、バンコク国際モーターショーでは、同じくマレーシアで生産をしているXVも出品。また、アウトバックやレヴォーグ、WRX STI、BRZの日本生産の市販車だけでなく、2015年の東京モーターショーでワールドプレミアした「VIZIV FUTURE CONCEPT」も出展される。

AutoProve 有料メルマガ 毎週金曜 配信中!

スバル・アーカイブ

スバル公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る