スバル 新型「BRZ GT300」正式公開 2021年シーズンのモータースポーツ活動計画も発表

スバルとスバルテクニカインターナショナル(STI)は2021年2月22日、富士スピードウェイで今シーズンのスーパーGT選手権に出場するニューモデル「BRZ GT300」を正式に公開し、同時にスバル/STIの2021年モータースポーツ活動計画の発表を行ないました。

関連記事:SUBARU STI 2021年モータースポーツ活動発表 平岡社長インタビュー
関連記事:SUBARU BRZ GT300 2020総括、そして2021シーズンにむけて
関連記事:スーパーGT2021 SUBARU BRZ GT300新チーム代表 小澤正弘総監督インタビュー 

2代目BRZをベースにした新型BRZ GT300

スバルは2020年11月にアメリカで2代目となる新型BRZのワールドプレミアを行ない、日本では今秋発売予定となっています。この新型BRZのボディワークをいち早く採用したのが、今回お披露目されたスーパーGT GT300クラス用のニューマシン「BRZ GT300」で、公開された富士スピードウェイではテスト走行も行なわれました。

富士スピードウェイで初のテスト走行に出る新型BRZ GT300

実は、この新型「BRZ GT300」は、すでに2月2日~3日に岡山国際サーキットで、テスト走行を行ない、2020年のタイムを上回る好調さを見せていますが、このときは非公開テストで、今回がメディア向けに正式公開となっています。

新型BRZ GT300は、ベースモデルの市販車2代目BRZのボディフォルムを採用することで、従来よりフロントノーズが低められ、さらにエンジンルーム内のエア抜き、リヤのタイヤハウスからのエア抜き性能を向上させるなどにより、ダウンフォースを強化するなど空力性能を改善しています。

EJ20型を継続使用。低位置でバルクヘッドにマウントされ、上部からエンジン本体は見えない

またエンジン搭載位置をより後退させ、ドライサンプのオイルタンク位置の低下、フロントのサードダンパーの取り付け位置の適正化など細かな改良が加えられ、よりコーナリング性能を高めています。

注目のパワーユニットは、今秋発売される新型BRZにはFA24型が搭載されていますが、新型BRZ GT300は実績のあるEJ20型が継続使用されています。

新型エンジンの研究はしているものの、まずは実績重視作としてEJ20型を選択し、エンジンの構成は大きな変更は行なわれていません。したがってパワーも同等となっています。なお、今回の正式公開の時点では新型BRZ GT300の諸元は発表されていません。

2021年モータースポーツ活動計画

スーパーGT選手権GT300クラスに参加する新型BRZ GT300のチーム体制では、これまでの渋谷真総監督に代わり、新たにエンジン担当だった小澤正弘氏が総監督に就任しました。

新任の小澤正弘総監督

ドライバーは井口卓人選手、山内英輝選手で変更なし。チーム運営はR&D SPORTで、これも変更ありません。

全日本ラリー選手権は、JN1クラスでWRX STIで参戦している新井敏弘選手、新井大輝選手、鎌田卓麻選手の3名をサポートします。

またGAZOOレーシング86/BRZレースでは、CG ROBOT RACING TEAMがからプロフェッショナルシリーズに出場する久保凜太郎選手、手塚祐弥選手のドライバー2名をサポートします。

STIのレース活動で重要な位置づけのニュルブルクリンク24時間耐久レースは、前年から準備が進められ、すでにテストも行なわれています。

既にテスト走行も実施した2021年タイプのニュルブルクリンク24時間レース仕様のWRX STI

レースの開催日程は、今年は暫定ながら6月3日~6日の開催と想定されていますが、世界的な新型コロナウイルス感染拡大の状況を考え6月の参戦は見送りとしています。しかし現地の情勢も流動的で、もし6月の予定がスライドして秋の開催となるようなことになれば、STIの参戦もあり得るとしています。

スバル 関連記事
スバル 公式サイト
STI 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る