スバル 6車種がアメリカ「IIHS」の2018年安全評価で「トップセイフティピック」を獲得

2017年12月8日、スバルは北米地区で販売している2018年型インプレッサ、XV(現地名:クロストレック)、レガシィ、アウトバック、フォレスター、WRX(いずれもアイサイト装着車)が、NCAPよりも厳しい評価で知られるIIHS(道路安全保険協会)2018年の安全性評価で「トップセイフティピック(TSP)」を獲得したと発表した。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る