スバル 全国のディーラーにQRコード決済を導入

スバルは2021年2月25日から全国のディーラーに、QRコード決済を順次導入すると発表しました。対応する決済サービスは、PayPay、au PAY、d払い、メルペイ、LINE Payの5種類となっています。

キャッシュレス決済で支払いを行いたいという顧客のニーズに応えると同時に、接触機会を削減することで、新型コロナウイルスの感染拡大防止にも寄与することから導入が決定されました。

導入店舗数は中古車販売店を含む全国の484店舗で、(2021年2月25日時点で導入を予定している店舗数)。一部、導入しない店舗もあります。

また、以下の地域の販売店は、3月以降導入予定です(青森県・岩手県・秋田県・宮城県・山形県・福島県・福岡県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・佐賀県・長崎県・沖縄県)

なお、このキャッシュレス決済で支払い可能なものは、整備代と部品代などで、車両本体のご購入、車両購入時の自賠責保険・税金、登録諸費用、車検時の自賠責保険、自動車重量税等の諸費用には使用できないということです。

スバル 関連記事
スバル 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る