最新のEV、「リーフ」の高性能の秘密を探る

新型リーフ テクノロジー詳細解説と魅力探訪 Vol.4

新型リーフは、JC08モードで400kmの航続距離を可能とし、出力は従来型の80kW(108ps)から110kW(150ps)へアップ。最大トルクは254Nmから320Nmに向上している。これは航続距離と動力性能をともに大幅に高めたことになる。また、加速では0-100km/h加速で15%短縮、60km/h-100km/hの中間加速では30%も速くなっている。こうした性能向上はどのようにして成し遂げられたのか? 開発を担当したエンジニアにリーフのテクノロジーの進化を聞いた。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る