【日産】最大積載量2〜4tクラスのトラックが「アトラス H43」から 「NT450アトラス」に一新された理由

NT450アトラス関連の画像
日産自動車の新型トラック「NT450アトラス」

日産自動車は2012年11月8日、最大積載量2〜4tクラスのトラック「アトラスH43」をフルモデルチェンジ。2013年1月8日より「NT450アトラス」として発売すると発表した。この新型車誕生は2010年4月に発表されたルノー・グループとダイムラーAGとのアライアンスに端を発するもので、ダイムラーの国内における提携パートナーである三菱ふそうトラック・バスと日産が商品相互供給に関する契約を締結。三菱ふそうトラック・バスの「キャンター」のOEM車両として供給されるものだ。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る