【日産】新型「ラティオ」が登場 国内ターゲットは熟年層と法人向け。マーチに続くタイ生産モデル

新型ラティオ関連 画像
セグメントを越える堂々としたスタイリングがアピールポイント

日産自動車は2012年10月5日、5ナンバーサイズのコンパクトセダン「ラティオ」をフルモデルチェンジして発売した。先日デビューした2代目のノート同様に、日産では現在最小のVプラットフォームを採用。先代の「ティーダ・ラティオ」から今回ラティオ単独の名称ととなり、独立した世界戦略車となった。日本市場においては従来同様に熟年層と法人ユースにターゲットを絞り込み、タイで生産したモデルを逆輸入して販売する。


ページのトップに戻る