三菱 タイで「エクスパンダー」「トライトン ラリーアート」「ミラージュ ラリーアート」の3車種を発表

三菱自動車は2022年3月18日、SUVらしさと環境性能を強化した新型クロスオーバーMPV「エクスパンダー」、ラリーアート特別仕様車の1トン・ピックアップトラック「トライトン ラリーアート」(ダブルキャブ)、コンパクト・ハッチバック「ミラージュ ラリーアート」を第43回バンコク国際モーターショー2022で3月22日に発表し、展示すると発表した。

エクスパンダー

エクスパンダー

「エクスパンダー」は2017年にインドネシアで発売以来、アセアン、中東、中南米、南アジア、アフリカなど新興国を中心に展開し、2021年には年間で10万台以上を販売した三菱自動車の世界戦略車だ。

今回、大幅改良した新型「エクスパンダー」は、昨年11月にインドネシア市場へ投入し、今回のタイなど、アセアン地域を中心に順次展開して行くことになっている。新型「エクスパンダー」はクラストップレベルの最低地上高となる220mmを確保し、悪路走破性を向上。

インテリアは、アームレストやドアトリムにソフトパッドを採用し質感を高め、収納スペースを充実させるなど、車内での快適性をより向上させている。

また、トランスミッションは高効率CVTを採用することで、アクセル高開度では多段変速のようなエンジン回転数の制御により力強くキレのある加速感を実現。アクセル低開度ではCVT特有の滑らかな変速によってエンジン性能を最大限に引き出し、低燃費と高い静粛性を実現している。

トライトン ラリーアート(ダブルキャブ)

「トライトン ラリーアート」(ダブルキャブ)は、ダブルキャブのローライダー仕様をベースに、ラリーアートのロゴ入りサイドデカールとマッドフラップ、ベッドライナーを装着。また、第1弾の「トライトン ラリーアート」からデザイン面も進化させ、フロント、サイド、リヤにエアダムを装着することで、ロースタイリングをさらに強調している。

インテリアは、ラリーアートのロゴや、オーバーロックにレッドアクセントをあしらったフロアマットを採用。ボディカラーはホワイトソリッドとブラックルーフのツートンカラー、およびジェットブラックマイカの2色を設定し、フロントグリル、アルミホイール、ドアミラー、ドアハンドル、リヤゲートハンドルをブラックで統一している。

ミラージュ ラリーアート

ミラージュ ラリーアート」はラリーアートのロゴ入りサイドデカールとマッドフラップを装着。さらにブラックカーボン柄のオーバーフェンダーを装着することで、ダイナミックなスタイリングにラリーアートのタフな走りのイメージを付加している。

インテリアには、レッドとブラックのツートンカラーのシートやラリーアートのロゴ入りフロアマットを採用。

ボディカラーはホワイトダイヤモンドとレッドメタリックの2色を用意し、ルーフ、フロントグリル、アルミホイール、ドアミラー、リヤスポイラーをブラックで統一してスポーティなスタイルに仕上げている。

三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る