三菱 ミラージュの顔をダイナミックシールドにしたらカッコ良くなった

三菱自動車は、コンパクトカー『ミラージュ』のフロント・リヤデザインを一新するとともに、 予防安全装備の強化などの大幅改良を施し、4月16日(木)から発売すると2020年4月16日発表しました。メーカー希望小売価格は、143万2,200〜156万9,700 円(消費税 10%込)。

モデル概要

変更の特長はフロントとリヤデザインの一新し、三菱自動車のデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」を採用しました。

シャープかつ力強いルックスになり、ボディサイドから中央に向かって包み込むバンパーのプロテクト形状とフロントグリル部を水平・垂直基調のスクエアなラインで構成することで、シャープさと力強さを高まっています。

またフォグランプをバンパーサイドに配置することで、ワイドで安定感のあるフロントデザインになりました。ヘッドライトは、フロントグリルからの左右へ広がる連続感のあるデザインになり、さらにLED デイタイムランニングランプを採用することで、日中の被視認性が高まりました。(「G」グレードに標準装備)。

リヤデザインはL字型に均一に光る面発光タイプのLEDコンビネーションランプと、リヤバンパーコーナー部に配した縦型リフレクターにより、ワイド感と安定感を演出されてます。

その他にスポーティな新デザインの15インチアルミホイールを採用し、またボディカラーは強い輝きと陰影を併せ持つホワイトダイヤモンドと、『eKクロス』で好評のサンドイエローメタリックの 2 色を新たに設定し全8色展開になりました。

ミラージュ試乗記

評価見直し必至!内外装、走りの質感が増し一段とコストパ向上 

インテリアも変更

インテリアでは、パワーウインドウスイッチパネルと、新デザインのメーターパネルをスポーティなカーボン調へと変更し、質感が向上しています。またフロントドアのアームレストを肌触りの良いファブリックとすることで、上質感が出ています。

シートでは、スポーティな印象の幾何学柄にアクセントカラーを加えたシート生地を採用しました。シート色は、「G」グレードはスポーティなブラックに、「M」グレードは明るい印象のライトグレーとなってます。

安全装備も進化

安全装備では、衝突被害軽減ブレーキシステムは、歩行者検知機能を追加すると共に、前方車両に対する作動速度を、約 5~30km/hから約 5~80km/hに拡大することでより安全性が向上しています。

さらに車線を外れそうになると警報で注意を促す車線逸脱警報システムと、自動でハイビームとロービームを切り替える、夜間の視認性が高まるオートマチックハイビームを標準装備しました。

新しい考え方として、ヘッドライトのスイッチからOFFポジションを廃止し、ヘッドライトのつけ忘れを防止する装備に変更しました。さらに、雨量に合わせてワイパーの動作スピードを自動で切り替える雨滴感応式のオートワイパーを新しく採用することで、雨の日の視界確保、安全運転に役立ちます。また、高速道路などでの利便性を向上させたクルーズコントールは「G」グレードに標準装備されます。これらの変更により、サポカーSワイドに該当しています。

価格・グレード

グレード「M」:143万2200円
グレード「G」:156万9700円
【スペック両グレードとも共通】
エンジン:1.2LMIVEC 3気筒ガソリン NA
変速機:INVECS Ⅲ CVT
駆動方式:FF

ミラージュ関連記事:https://autoprove.net/mitsubishi/
三菱関連記事:https://autoprove.net/mitsubishi/


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る