三菱 「エクリプス クロス」を一新し、PHEVモデルも追加して発売

三菱は2020年12月4日、デザインを一新し、新たにPHEVモデルを追加設定したグローバル市場向けのクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」を発売しました。

クーペフォルムはそのまま継続しながら、エクステリアのデザインを変更。また走りもいっそう洗練させています。そして本命モデルとしてツインモーター4WD駆動のPHEVモデルを新設定しています。

デザインとグレード

デザインコンセプトは「Daring Grace(大胆にして、優雅)」とし、ボディ全長の延長と前後デザインの大幅変更により、クーペスタイルのフォルムとしています。フロントマスクは、SUVの力強さ「ダイナミックシールド」をさらに進化させ、各種ランプレイアウトの変更により、精悍さやスポーティさを強調しています。

リヤは、従来のダブルガラスのリヤガラスから、シングルガラスに変更し、すっきりした後方視界を確保。三方向に延びる立体的なリヤランプを高い位置に配置することで被視認性の良さと独自性を強調しています。

また、ボディパネルやバンパーは、強さや頑丈さを表現し、背面装着式スペアタイヤからインスパイアした六角形のデザインモチーフを採用することで、SUVならではのスタイリングとしています。

ボディカラーは、独自の高輝度塗装であるダイヤモンドカラーを2色展開(有料色)。従来からのレッドダイヤモンドと、新たにホワイトダイヤモンド追加。このホワイトダイヤモンドは、パールの白い輝きと金属の陰影を併せ持つ色としており、爽快でありながら艶やかな大人のエレガントさを強調しています。

グレード展開ですが、PHEVモデルは予防安全機能を標準装備したベーシックな「M」、100V/AC電源(最大1500W)やヘッドアップディスプレイなど充実装備の「G」、専用エクステリア、スマートフォン連携ナビゲーションなどを標準装備した上級仕様「P」の3グレードを展開します。

ガソリンモデルは、予防安全機能を標準装備したベーシックな「M」、ヘッドアップディスプレイやレーダークルーズコントロールシステム(ACC)など充実装備の「G」、スマートフォン連携ナビゲーションなどを標準装備した上級仕様「Gプラス パッケージ」の3グレード展開としています。

PHEV

アウトランダーPHEVから継承された前後1基ずつの高出力駆動モーター、大容量駆動用バッテリー、2.4L MIVECエンジンなどで構成するツインモーター4WD方式のPHEVを採用しています。

PHEVの制御はエクリプス クロスに合わせて最適化させ、電動車ならではの滑らかで力強い加速、軽快感と安心感のあるハンドリングを実現しています。

駆動用バッテリーの容量は13.8kWhで、EV航続距離を57.3km(WLTCモード)とし、日常生活の大半でEV走行が可能。走行モードは、駆動用バッテリーの電力でモーター駆動する「EV走行モード」、エンジンで発電した電力でモーター駆動する「シリーズ走行モード」、エンジンで発生した動力で走行し、駆動モーターがアシストする「パラレル走行モード」の3種類の設定で、走行状況に応じて自動で切り替えできます。

大容量の電力を生かし、車内に設置した100V/AC電源(最大1500W)により、電化製品に電力供給が可能で、アウトドアはもちろん非常時に便利で頼もしい電力源として使用できます。

さらに、V2H機器と家庭電源と接続すると、家庭用の蓄電池になりまた、自ら発電することができるため、満タン・満充電の状態からでは、一般家庭の最大約10日分に相当する電力を供給することができます。

スーパー オールホイール コントロール

スーパー オールホイール コントロールは、PHEV、ガソリン モデル共通で、高いボディ剛性と前後サスペンションの最適化により、S-AWC(Super-All Wheel Control)の効果をより強化し、ドライバーの意図通りのコントロール性を実現。

PHEVモデルは、伝達ロスがなく自由自在に、瞬時に前後駆動力配分を実現するツインモーター4WDをベースとしたS-AWCを採用。高応答・高精度・高自由度という電動車の特性を生かし、「走る」「曲がる」「止まる」という車両運動をより高次元で制御することができます。

さらに、大容量の駆動用バッテリーを床下中央に配置することで前後重量バランスの最適化、低重心化が実現し、より上質な乗り心地と優れた操縦安定性を両立。

ガソリンモデルは、前後輪へ最適なトルク配分を行なう電子制御式多板クラッチの4WDをベースに、前輪左右の制動力を調整して旋回性を高めるアクティブヨーコントロール(AYC)と、制動力を制御するABS&アクティブスタビリティコントロール(ASC)を協調させるS-AWCを採用しています。

路面状態や走行状況でドライバーの好みに合わせて選べるドライブモードを装備しています。モードは「ノーマル モード」、雪道などの滑りやすい路面で車両挙動を安定させる「スノーモード」、悪路において優れた走破性と安定性を発揮する「グラベル モード」を設定。PHEVモデルには、主にドライ路面での旋回性と安定性を高次元で両立させた「ターマック モード」も設定しています。

装備

ディスプレイは8インチサイズに拡大。そしてスマートフォン連携のナビを新設定しています。内蔵地図によるルート案内やVICS交通情報対応といった便利な機能に加え、Android AutoApple CarPlayのアプリケーションを実行できます。

オーディオは、三菱独自のプレミアムサウンドシステム「ミツビシパワーサウンドシステム」を、エクリプス クロス専用に設計、チューニングして設定しています。フロントにはアルミ蒸着グラスファイバー製スピーカーとカーボン製コーンを採用したミッドツイーターを、リヤドアにはツイーターを同軸に配置したコアキシャル2Wayスピーカーを搭載しています。

運転支援システムは「e-アシスト」を装備。衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報、レーダークルーズコントロールシステム(ACC)、レーンチェンジアシスト付き後側方車両検知警報、オートマチックハイビーム、後退時車両検知警報、前後誤発進抑制機能などを装備しています。

*エクリプスクロスを大幅改良で「PHEV」モデル追加
*エクリプスクロスPHEV試乗記

エクリプス クロス 諸元表

価格

三菱 エクリプス クロス 関連記事
三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト


ページのトップに戻る