三菱エクリプスクロスを大幅改良で「PHEV」モデル追加

三菱自動車は2020年10月15日、12月に発売を予定しているクロスオーバーSUV エクリプスクロスを大幅改良し、PHEVモデルを追加し、予約受注を開始しました。

「エクリプスクロス」は2017年にグローバルで発売され、クーペフォルムとダイナミックなSUVの機動性を両立させたクロスオーバーSUVです。

今回の大幅改良ではフロントとリヤのデザインを一新し、ダイナミックシールドのデザイン コンセプトを進化させ、より上質感を高めています。特にリヤはエッジ処理のダブルガラスから、より一体感の感じられるシングルガラスに変更。スタイリッシュなデザインを強調しつつ、視認性の良さを向上させています。

また、リヤエンドは分厚いボディパネルやバンパーによるソリッド感を強調し、背面装着式スペアタイヤからインスパイアした六角形のデザインモチーフにしています。

インテリアは、ブラックを基調色とし、エンボス加工のスエード調素材と合成皮革のコンビネーションシートを上級グレードに採用。またメーカーオプションの本革シートは従来のブラックに加えてライトグレーを新たに設定。ドアトリムも同色でコーディネートし、上質でスポーティな空間としています。その他にパッケージングでは、荷室容量を拡大してSUVとしての使い勝手をさらに向上させました。

そしてプラグインハイブリッド カテゴリーにおいて世界最多販売台数を誇るアウトランダーPHEVから引き継ぐ、2.4L直列4気筒のMIVECエンジンとツインモーター4WDを組み合わせた三菱のコア技術であるPHEVモデルを新たに設定。

モーター駆動ならではの力強さと静かで滑らかな加速、車両運動統合制御システム「S-AWC」による意のままの操縦性、軽快感と安心感を実現したモデルです。

なお、ガソリンモデルは前後輪へ最適なトルク配分を行なう電子制御4WDをベースに、前輪左右の制動力を調整して旋回性を高めるAYC、制動力を制御するABS+ASCを協調させるS-AWCを採用し、ドライバーの運転操作に忠実に反応するダイナミック性能を実現しています。

PHEVモデルについては、車内に設置したAC100V電源(最大1500W)より電力供給が可能。アウトドアで利用できる他に、非常時における電力源ともなります。さらに、家庭電力と接続できるV2H機器を使用すると、PHEVのバッテリーに蓄えた電力を家で使う家庭用蓄電池としての価値も提供することができます。この場合、満タン/満充電の状態から一般家庭の最大約10日分に相当する電力を供給することができるのも特長です。

なお今回のPHEVモデルの予約注文では、4種類の「選べるオプションプレゼント」が提供されます。エクステリアをスタイリッシュに装飾する「ガーニッシュパッケージ」、「前後ドライブレコーダーパッケージ」、アウトドアレジャーでの使い勝手を高める「アウトドアパッケージ」、自宅に充電用AC200Vコンセントの設置費用を支援する「充電設備機器設置支援」から選択可能です。

また予約注文期間中に残価設定型クレジット「スーパーマイカープラン」でPHEVモデルを注文する特典として「実質年率1.9%」が適用されます。

価格の詳細は現時点では未公表ですが、PHEVモデルで約385万円〜約450万円(税込み)、ガソリンモデルで約255万円〜約335万円(税込み)となっています。

三菱 エクリプスクロス 関連記事
三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト


ページのトップに戻る