【広州モーターショー2021】三菱「エアトレック」がEVとして世界初披露

三菱自動車の中国における生産・販売合弁会社の広汽三菱汽車有限公司は2021年11月19日、広州モーターショー2021において参考出展SUV電気自動車(EV)の新型SUV「エアトレック」を世界初披露(参考出品)した。

新型エアトレックは”Electric(電気自動車の「電気」)” 、“Expanding(カーライフの「拡張」)”、 “Expressive(三菱自動車らしさの「表現」)”という3つのキーワードからなる「“e”-cruising SUV」というコンセプトを元にデザインされている。

フロントフェイスの「ダイナミックシールド」やテールゲートの六角形モチーフに代表される三菱自動車の最新デザイン・アイデンティティを取り入れたSUVらしい走りを表現するスタイリングとしている。

インテリアは、開放感があり優れた前方視界で運転姿勢がつかみやすい水平基調のインストルメントパネルを採用。乗員が触れる部分にソフトパッドを採用するなど質感を向上。ステッチをトリムの細部にまで多用するなど、高級感の感じられる上質な居住空間としている。また、EVならではのロングホイールベースと幅広い全幅により、ゆったりと家族で過ごせる広々としたキャビンスペースを実現している。

ボディサイズは、全長4630mm、全幅1920mm、全高1728mm、ホイールベース2830mmと現地で発表されている。この新型エアトレックは公式発表されていないが、広州汽車との共同開発といわれている。

EVコンポーネントは、70kWhの大容量の駆動用バッテリーを搭載し、最大約520km(中国CLTC基準)の航続距離を実現している。バッテリーをフロア中央に搭載することで、低重心で理想的な前後重量配分となっている。

軽量・高剛性なボディに、モーター、インバーター、減速機を一つの軽量コンパクトなユニットのe-アクスルを採用。出力とトルクを向上させた駆動システムにより、電気自動車ならではの力強く滑らかな走りと、キビキビとした操縦性を生み出しているという。

三菱 関連記事
三菱自動車 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る