マツダ「MX-30」一部改良で新色追加 EVモデルはV2H給電機能装備

マツダは2022年10月20日、コンパクトSUV「MX-30」、「MX-30 EV モデル」を一部改良し、予約受注を開始した。なお発売は、11月初旬以降が予定されている。

今回の商品改良では、ソウルレッドクリスタルメタリック、ジェットブラックマイカ、ジルコンサンドメタリックにマルチトーンのボディカラーを新たに設定。MX-30の特徴であるキャビンとフリースタイルドアを強調する「フレームドトップ」をブラック単色とすることでキャビンをより軽快に見せ、アクティブなライフスタイルにマッチした表現としている。

また、新グレード「Industrial Classic(インダストリアル クラシック)」、「Modern Confidence(モダン コンフィデンス)」を設定している。

細部では、従来はシフトノブ右側にあったボタンをシフトノブの裏側に配置し、素早い操作時でもよりスムーズに操作できるようになっている。

MX-30 EVモデルは、AC1500W/AC150W電源、V2Hの給電機能を追加し、車両に蓄えた電力を家庭電源などに接続可能になっている。

価格

MX-30:264万円~299万7500円(税込み)
MX-30 EVモデル:451万円~501万6000円(税込み)

マツダ MX-30 関連記事
マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る