マツダ「フレア」一部改良でターボエンジン搭載モデル追加

マツダは2022年9月9日、軽乗用車「フレア」を一部改良し、ターボエンジン搭載モデルの追加と安全装備の充実、外観/内装の一部変更を行ない発売した。なお「フレア」はスズキ ワゴンRのOEMモデルだ。

今回の一部改良で、ターボエンジンを搭載する「HYBRID XT」を追加設定した。また全機種に全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線逸脱抑制機能を標準装備化している。

「HYBRID XS」、「HYBRID XT」のエクステリアは、専用デザインのフロントグリル、フロントバンパー、ヘッドライトを採用。リヤバンパー、リヤコンビランプ、アルミホイールも変更し、スポーティさを打ち出している。またボディカラーにノクターンブルーパールとフェニックスレッドパールを追加。

インテリアは黒を基調とし、専用デザインのメーター、ブラウンメタリックのカラーパネルを採用。

「HYBRID XG」は、フロントグリル、フロントバンパーを変更。ベージュ内装車のボディカラーにテラコッタピンクメタリックを追加。また、ブラック内装車のボディカラーにフォギーブルーパールメタリックを追加している。

価格

マツダ フレア:138万6000円〜183万1500円(税込み)

マツダ フレア 関連記事
マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る