マツダ「フレアワゴン」を一部改良

マツダは2021年12月10日、軽自動車「フレアワゴン」シリーズを一部改良し、12月24日から発売すると発表した。なお「フレアワゴン」シリーズはスズキのスペーシアシリーズのOEMモデル。

フレアワゴン 「HYBRID XS (2WD)」

今回の一部改良では、外観と内装の変更と毎日の運転を支援する機能の拡充を行なった。

エクステリアの変更は、HYBRID XG/XS、カスタムスタイル全車のフロントグリルのデザインを変更し、タフスタイル全車のアルミホイールのデザインも変更。またボディカラーは、新たにライトブロンズパールメタリックと、2トーン(ホワイトルーフ)、インディゴブルーメタリック2を追加している。

インテリアの変更は、カスタムスタイル全車、タフスタイル全車のインパネカラーパネルやシートなどのアクセント色を変更するなど、デザインを一新している。

さらに運転支援機能は、カスタムスタイル全車、タフスタイル全車に車線逸脱抑制機能を採用ししている。

「フレアワゴン」全車種は、経済産業省や国土交通省が普及を推進する「サポカーSワイド」、国土交通省による「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS2)認定車」に該当する。

価格

フレアワゴン・シリーズ:139万4800円~212万5200円(税込み)

マツダ フレア 関連記事
マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る