マツダ「フレアクロスオーバー」デザイン変更&デュアルカメラブレーキサポート標準装備、特別仕様車も導入

マツダ株式会社は、室内空間の広さと使いやすさ、優れた燃費性能などで評価を受けている「フレアクロスオーバー」を一部改良し、全国のマツダ販売店を通じて、2018年11月16日より発売を開始した。

特別仕様車 フレアクロスオーバー「XGスペシャル」(2WD車)
特別仕様車 フレアクロスオーバー「XGスペシャル」(2WD車)

今回の一部改良では、上級機種のバンパーやアルミホイールのデザインを変更するとともに、内外装に新色を採用することにより、より遊びごころに溢れたデザインとした。
また、「デュアルカメラブレーキサポート」(衝突被害軽減システム)を全車に標準装備し、「安全運転サポート車」の「サポカーS・ベーシック+」に全車が該当することとなった。
マツダ フレアクロスオーバー XGスペシャル 内装

さらに、特別仕様車「XGスペシャル」を新たに設定。3種類の2トーンボディカラーや、ボディ各所に施したブラック塗装、レザー調とファブリック表皮を組み合わせた専用シートを採用することにより、たくましい外観と使い込むほど愛着のわく室内空間を表現した。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る