マツダ 「CX-8」を商品改良

マツダは2019年10月24日、3列シートのクロスオーバーSUV「MAZDA CX-8」を商品改良し、11月28日から発売すると発表した。

マツダ 「CX-8」を商品改良

改良概要

今回の商品改良では、ロングツアラーとしての利便性や快適性を向上させる狙いの改良だ。電動スライド・ガラスサンルーフや、3列目シートの充電用USB端子などの装備を追加したほか、ルーフ部への制振材の採用により雨粒がルーフを叩くことで発生する音を低減させ、上質感を高めている。

荷室は、サブ・トランクの容量を拡大することで、丸畳式サンシェードなどのアウトドア・グッズを平置きできるサイズとなり、機内持ち込みサイズのスーツケースであれば3列目を使用した状態でも4個積載可能となっている。

XD L パッケージのインテリア
XD L パッケージのインテリア

また、同乗者の快適性を高める特別仕様車として「Exclusive Mode(エクスクルーシブ・モード)」を追加した。2列目のアームレスト付コンソールを備えたキャプテンシートに、マツダ車初採用となる電動スライド&リクライニング機構やベンチレーション機能を装備し、運転席や助手席だけでなく、2列目シートの同乗者にもより快適な居住性としている。

また、すべてのエンジン・モデルにおいて2WDとAWDのどちらの駆動方式も選択可能となっている。AWD車は新開発の「オフロード・トラクション・アシスト」を新採用。悪路における想定外のスタック時にも、AWDとトラクション・コントロール・システム(TCS)の協調によって悪路からのスムーズな脱出を実現することができる。

【価格】

マツダ CX-8 価格

マツダ CX-8 関連情報
マツダ 関連情報
マツダ 公式サイト


ページのトップに戻る