マツダ「CX-8」を商品改良、3種のエンジンとシートバリエーションで多様なライフスタイルに対応

マツダ株式会社は、3列シートクロスオーバーSUV「マツダCX-8」を商品改良し、全国のマツダ販売店を通じて2018年10月25日より予約受注を開始、11月29日より発売する。

マツダCX-8「XD L Package」
マツダCX-8「XD L Package」

「CX-8」は、「3列目まで大人がしっかり座れる」パッケージングに、上質かつ洗練されたデザイン、街乗りから高速走行までドライバーの意図通りに走る、安心と快適性・静粛性を兼ね備えた、マツダ国内最上位の3列シートSUV。
マツダCX-8 インテリア

今回の商品改良では、既存のクリーンディーゼルエンジンに加え、新たに2種類のガソリンエンジンを設定し、お客さまの多様なニーズに応えるエンジンラインアップを実現。

マツダCX-8 SKYACTIV-G 2.5T エンジン
「SKYACTIV-G 2.5T」エンジン

2.5リッター直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」は、低速から中速、さらには高速域まで意のままに加速し、その手応えを感じ、さらに走りたくなるような、力強く上質な走りを実現した。
また自然吸気の2.5リッター直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」は、アクセル操作に正確に反応し、街乗りで安心して運転できる扱いやすさを追求。豊富なシートの選択肢とこれら3つのエンジンの組み合わせにより、自分のライフスタイルに最適な一台を選ぶことができる。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る