新型「マツダ CX-5」を世界初公開 2017年2月 日本から順次グローバルに導入

マツダは2016年11月16日、新型「マツダ CX-5」を世界初公開した。新型「CX-5」は、現在、マツダが持つデザインと技術のすべてを高め、進化させた、あらゆる領域で「走る歓び」を深化させたクロスオーバーSUVだ。2017年2月から、日本を最初に、順次グローバルに導入を開始する予定。

01

新型「CX-5」の開発は、ドライバーはもちろん、同乗者も含めた「すべてのカスタマーを笑顔にするSUV」をキーワードに、マツダが一貫して追求する走る歓びのさらなる深化に挑戦。
「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ ビークル ダイナミクス)」の第1弾「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」など、マツダが誇る車両運動制御技術を投入、人の感性に沿ったクルマづくりにより、ドライバーの意のままのパフォーマンスフィールと、高い静粛性や乗り心地など同乗者の快適性を両立する走行性能を実現している。

02

また、「魂動デザイン」のもと、艶やかさと精悍さを融合させた外観と、乗員が心地よさを感じられる内装を作り上げた他、ボディカラーには魂動デザインの造形美を質感高く際立たせる新開発の「ソウルレッドクリスタルメタリック」が初めて採用された。
パワートレーンには、いずれも力強くリニアな走行性能と優れた環境性能を実現する「SKYACTIV-G 2.0」、「SKYACTIV-G 2.5」、「SKYACTIV-D 2.2」の3種類を市場ごとに適切なラインアップで展開する。

なお、新型「CX-5」は、11月18日から27日まで開催されるロサンゼルスオートショーに出品される。

【PR編集部】 編集部総力取材!雪道シーズン到来、ヨコハマタイヤ特集
第1弾:ヨコハマタイヤ「ice GUARD SUV G075」試乗レポート 技術進化を如実に感じる新スタッドレスタイヤ
第2弾:ヨコハマタイヤ 最新SUV用スタッドレス「ice GUARD SUV G075」 そのグリップを生み出すテクノロジー


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る