マツダ CX-5 商品改良で「匠塗 TAKUMINURI」の新カラーを追加

マツダは2022年10月14日、クロスオーバーSUV「CX-5」を商品改良し受注を開始した。なお発売は11月中旬が予定されている。2代目となる現行CX-5は2017年にデビューしており、今回は8回目の商品改良となる。

今回の商品改良では、マツダ独自の塗装技術「匠塗TAKUMINURI(たくみぬり)」により、ピュアな白さと、粒子のきめが細かく、面による陰影表現を際立たせる金属質感を両立した特別塗装色「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」を追加した。なおこの特別色は有償色で5万5000円。なお、従来のスノーフレークホワイトパールマイカは廃止となっている。

また、マツダコネクトはApple CarPlayワイヤレス接続機能とUSB Type-C端子を追加し、利便性を向上させている。

価格

CX-5:276万6500円~417万100円(税込み)

マツダ CX-5 関連記事
マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る