マツダ「CX-5」「CX-8」「マツダ2」「マツダ6」に特別仕様車「ブラックトーンエディション」を新設定

「ブラックトーンエディション」が設定された4モデル。ボディカラーはブラックトーンエディション用に新設定されたポリメタルグレーメタリック

マツダは2020年12月3日、「CX-5」、「CX-8」、「マツダ2」、「マツダ6」に新しい特別仕様車として「ブラックトーンエディション」を設定し発売しました。

マツダの特別仕様車は、これまでは上質感、プレミアムを高めた特別仕様のシリーズとなっていましたが、今回新設定された「ブラックトーンエディション」は、「見た人の情熱や挑戦心を奮い立たせる」というコンセプトを採用し、スポーティな世界観をアピールする仕様となっています。

エクステリアではドアミラーカバーとホイールをブラックとして精悍さを表現。一方でインテリアは赤色を強調した素材やパーツを採用しています。

CX-5ブラックトーンエディション

CX-5ブラックトーンエディションはプロアクティブ グレードをベース車両とし、ホイールはブラックメタリック塗装の19インチへとサイズアップしています。

インテリアでは、シートの素材を高級感があるブラックのグランリュクス+合成皮革とし、レッドステッチのアクセントを加えています。

CX-8ブラックトーンエディション

CX-8ブラックトーンエディションはプロアクティブをベースとし、ドアミラー、フロントグリルをブラックに変更。ホイールもブラックの19インチへとサイズアップしました。

インテリアはシートの素材をブラックのグランリュクス+合成皮革にレッドステッチのアクセントを加えています。

マツダ2ブラックトーンエディションもドアミラーをブラックアウト。フロントグリルはグロスブラックとし、ブラックのホイールは16インチへとサイズ拡大しています。

マツダ2ブラックトーンエディション

前後バンパー下部にはメッキパーツを加えています。さらにシャークフィンアンテナ、マフラーカッターも標準装備化されています。

マツダ6のブラックトーンエディションは、プロアクティブまたはSパッケージがベースになっています。

マツダ6ブラックトーンエディション

ドアミラー、19インチホイールがブラックに。インテリアはブラックトーンエディションのシリーズで唯一のレッドカラーのシートを装備しています。

マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


ページのトップに戻る