マツダ スカイアクティブ X搭載の「マツダ3」「CX-30」のECUプログラム更新サービスを開始

マツダは2021年2月19日、既存モデルを購入したユーザーを対象に、車両の商品性、性能向上を目的としたECU制御プログラムなどの最新化サービス「MAZDA SPIRIT UPGRADE(マツダ スピリット アップグレード)」を開始すると発表しました。

このサービスの第1弾として「マツダ3」「CX-30」の初期型モデルを対象に、次のようなECU制御プログラムの最新化サービスを実施することになります。

新世代ガソリンエンジン「e-SKYACTIV X」搭載車のエンジンとATの制御プログラム(2019年11月8日~2020年11月27日生産のe-SKYACTIV X搭載車対象)のアップデート。

スカイアクティブ Xエンジン

これにより素早いアクセル操作に対する応答性とコントロール性が向上し、高回転まで伸びるドライビングフィールへと変化します。

もうひとつは運転支援システムのクルージング&トラフィック・サポート(CTS)の制御プログラム(2019年4月2日~2020年12月1日生産のCTS装着車対象)のアップデートです。

作動上限車速を約55km/hから高速域まで引き上げ、高速道路や自動車専用道路の渋滞時等に運転疲労の軽減をサポートできるようになります。

マツダ・レーダー・クルーズコントロール(MRCC)の制御プログラム(2019年3月5日~2020年8月28日生産の全車対象)のアップデートも可能です。これによりACCの追従走行における加減速制御を、より滑らかにすることができます。

このように、商品改良などで行なわれたアップデートを、ECUの上書き更新機能を利用して既販売車にも適用するという従来にはないサービスです。

これは2020年11月に道路運送車両法の一部が改正され、使用過程時の車両へのソフトウェアアップデートによって性能変更や機能追加(改造)が可能になる許可制度に従ったもので、このソフトウエアアップデートは、近い将来的には通信を利用する自動アップデート(OTA:オーバージエアー)を想定したものです。

今回のアップデートサービスは、対象車両のユーザーにサービスキャンペーン(プログラムアップデート)の案内が届き、最寄りの販売店で制御プログラムの上書き更新を行なうことになります。具体的には車両側のOBD2コネクターに新しいプログラムが格納された診断機を接続して上書きするという方法で、所要時間は30分程度です。

マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る