世界で戦う日本の「マツダ3」デビュー 第2世代の魂動デザイン&スカイアクティブ技術の幕開け

この記事は2018年12月に有料配信したものを無料公開したものです。
メルマガ登録はこちらから。登録初月無料 月額550円
*写真と動画も楽しめる マニアック情報満載カーマガジン

2018年11月27日にロサンゼルス・モーターショー2018の前夜イベントで、マツダは新型「マツダ3」を初公開した。マツダ3の名称はこれまで海外で使用してきた車名で、日本では「アクセラ」の名称だったが、この新型からは日本でも「マツダ3」と改称する。
マツダ3

第2世代商品の先駆け

LAショーではマツダ3(北米仕様)のアンベールで、セダンとハッチバックが並べられた。ハッチバックは北米市場ではマーケットが小さく、メインはセダンである。アメリカだけでなく世界一の大市場である中国でもセダンがメインで、ハッチバックはヨーロッパ、日本などがターゲットになのだ。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る