マツダ「RX-7」のメンテナンス用ショートパーツを再供給

マツダは2020年12月17日、2代目と3代目の「RX-7」を乗り続けているユーザーのために、供給終了となっているサービス用のショートパーツを復刻して再供給すると発表しました。

2代目「サバンナRX-7」(1985年~1992年生産)と3代目「RX-7」(1991年~2002年まで生産)のユーザーや、ロータリーエンジン車を中心に扱う整備会社とのコミュニケーションにより、特にニーズの高いサービス用パーツを選定し、サプライヤー各社の協力により、今回の復刻パーツが確保されています。

これまでに供給が継続されているパーツに加えて、2代目は30点、3代目は61点の復刻パーツを2021年2月までに販売開始します。これらの復刻パーツは継続されているパーツと同様に、マツダグループの販売店および部品販売会社を通じて購入可能となっています。

なお販売されるショートパーツ類は下記の「CLASSIC MAZDA」ホームページに部品リストが掲載されています。

マツダ 関連記事
マツダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る