スズキ、マツダ、ヤマハも完成検査・燃費測定で問題発覚 続発する問題の真相は何だ?

2017年秋に、日産、スバルの完成車検査で無資格の検査員が検査を行なっていたことが発覚し、リコール、出荷停止を行なう事態となった。さらに2017年12月にスバルの完成車検査工程の一部である燃費・排ガスの抜き取り検査でデータの書き換え、不適正検査データの使用が発覚し、国交省から適正化するように指導が行なわれた。


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る