【東京オートサロン2023】トヨタは「クルマ好きを誰ひとり置いていかない」デモランも実施

トヨタGAZOOレーシングとレクサスは2023年1月6日、幕張メッセ(千葉市)で1月13日〜15日に開催される「東京オートサロン2023」への出展概要を発表した。また、レクサスとトヨタは、同日の同会場で実施される「TOKYO OUTDOOR SHOW 2023」にも出展する。

この2つのショーの出展で「トヨタはクルマ好きを誰ひとり置いていかない」を共通テーマとし、「愛車を守るカーボンニュートラル」、「モータースポーツを起点としたもっといいクルマづくり」、「愛車と楽しむ多様なライフスタイル」の3つのコンセプトに沿った車両やパーツなどを展示する。

出展車両などの詳細は、トヨタGAZOOレーシングの公式サイトで随時公開される。なお13日9時30分より実施予定のプレスカンファレンス、会期中に実施予定のトークショー(豊田章男社長やプロドライバー他が出演予定)の詳細も上記公式サイトで視聴できる。

トヨタGAZOOレーシング 東京オートサロン特設サイト:https://toyotagazooracing.com/jp/eventexhibition/tokyoautosalon/virtualgarage

また、トヨタGAZOOレーシングとレクサスは、CO2排出抑制の課題に向き合いながらもユーザーが愛車をいつまでも走り続けられることを提案するコンセプトカーを展示する。

さらにトヨタGAZOOレーシングとして、WRCドライバーズタイトル獲得を記念した車両を発表する。また、WRC参戦を通じて得た知見を生かした車両も発表し、1月14〜15日にはデモランを実施する予定だ。

その他に、カスタマイズされた車両の展示、2023年から新たに発売を予定しているGRパーツ、およびGRヘリテージパーツを展示。

今回、レクサスとトヨタは「TOKYO OUTDOOR SHOW 2023」に初出展する。レクサスは、カーボンニュートラル社会の実現に向け、「自然を理解し、楽しみ、守っていくアウトドア体験をお届けしたい」という想いのもと、大自然と共生しながらアウトドアライフスタイルを彩るクルマの楽しさと、様々な体験を提供する「OVERTRAIL PROJECT」を推進して行く。

その他にデジタル技術を活用した新たな取り組みも実施する。
・NFTデジタルスタンプラリー:デジタル技術を使った新しいスタイルのスタンプラリーとして会場を巡る「NFTデジタルスタンプラリー」を実施する。トヨタGAZOOレーシングとその協賛企業のブースに設置した専用QRコードを読み取ることで、各社オリジナルのデジタルスタンプを入手でき、全てのスタンプを集めた人には、特典スタンプがプレゼントされる。

参加ブース:レイズ、BRIDE、スパルコ/サベルト、トヨタ車体、ダイハツ、モデリスタ、TOM’S、トヨタGAZOOレーシング

・メタバース空間「バーチャルガレージby TGR/LEXUS」
東京オートサロン2023をより多くの人々に楽しんでもらえるように、日本最大級のメタバースプラットフォームcluster上で、「バーチャルガレージby TGR/LEXUS」を開催する。一部の出展車両の外観、内部構造、映像などを時間や混雑を気にせず自由に楽しめる他に、「お客様参加型モータースポーツ未来会議」の実施を予定。来場した人にはログイン特典プレゼントも用意されている。バーチャル空間の一部は1月6日に先行オープンしており、車両展示は1月13日に開始する予定だ。

バーチャルガレージby TGR/LEXUS:https://toyotagazooracing.com/jp/eventexhibition/tokyoautosalon/virtualgarage

トヨタ GAZOOレーシング 関連記事
トヨタ GAZOOレーシング 公式サイト

レクサス 関連記事
レクサス 公式サイト

トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る