トヨタGAZOOレーシング 2020年ニュルブルクリンク24時間レースに「レクサスLC」で3度目の挑戦

トヨタGAZOOレーシングは2019年12月15日に開催されたトヨタGAZOOレーシング・フェステバル2019で、ドイツのニュルブルクリンクで2020年5月21日〜24日に開催されるニュルブルクリンク24時間レースに「レクサスLC」で3年連続の参戦と、チーム体制を発表した。

トヨタGAZOOレーシング 2020年ニュルブルクリンク24時間レースに「レクサスLC」で3度目の挑戦

出場概要

レース出場するために、トヨタの社員らが製作したレース車両で、社員メカニック、エンジニアで構成するチームによる参戦体制は従来通りだ。2020年も参戦3年目となる「レクサスLC」で出場する。過去2年間、レクサスLCは総合トップを目指すが、現実は過酷なレースの手厳しい洗礼を受け、完走はしたもののそれぞれ数時間をピットで過ごし、不具合を修復するというレース展開であった。

石浦宏明(左)、佐々木雅弘選手
石浦宏明(左)、佐々木雅弘選手

2020年は、過去2年間の苦い経験生かし、新開発のエンジンなど、将来のスポーツカーの市販車に活かすための新技術を先行投入する。エンジンは新開発のV8型ツインターボエンジン、軽量高剛性ボディ、新開発の空力システム、ドライバー支援システムなどの技術、シャシーでは軽量高剛性サスペンション、軽量化ホイール、高応答ダンパー、さらに車両安定制御システム、トラクション・コントロールなど運動制御システムが投入される。

大嶋和也(左)、蒲生尚弥選手
大嶋和也(左)、蒲生尚弥選手

ドライバーは、ニュル24時間レース参戦6回目となる石浦宏明選手をリーダーに、佐々木雅弘選手、大嶋和也選手、蒲生尚弥選手という、いずれもニュル24時間レース経験者を起用している。

チーム概要

トヨタGAZOOレーシング 2020年ニュルブルクリンク24時間レースに「レクサスLC」で3度目の挑戦

トヨタ GAZOOレーシング 関連情報
トヨタ GAZOOレーシング 公式サイト
トヨタ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る