【東京オートサロン 2023】ホンダがシビックやZR-Vのカスタムモデルなど初公開

ホンダは2022年12月23日、千葉県の幕張メッセで2023年1月13日(金)から15日(日)まで開催される「東京オートサロン2023」に、スポーティさを高めた4輪車やサーキットでのパフォーマンスを追求したモータースポーツ参戦車両を出展すると発表した。

今回の展示では、ホンダ独自の2モーターハイブリッドシステム「e:HEV(イー エイチイーブイ)」を搭載した市販車をカスタムしたコンセプトモデルに加え、2024年シーズンの実戦投入を目標に、開発を進めている新型レーシングカーのコンセプトモデルを初公開する。また2022年のモータースポーツシーンを彩ったマシンも展示し、スポーツマインドあふれるブースを展開する。

シビック e:HEV スポーツ・アクセサリー・コンセプト

初公開される車両は以下の通り。
・シビック e:HEV スポーツ・アクセサリー・コンセプト
新開発の2.0L直噴4気筒エンジンと進化したハイブリッドユニットを組み合わせた「スポーツe:HEV」を搭載しており、“スポーツを視覚から感性に訴える”カスタマイズを施したコンセプトモデルとなっている。「FEEL SPORTS」をデザインテーマに、速さを競う“スポーツ”ではなく、日々クルマを使うシーンでスポーツを感じ、クルマの走る楽しさやワクワクを感じさせる心躍るカタチを純正アクセサリーにより表現している。

・ZR-V e:HEV スポーツ・アクセサリー・コンセプト
「Emotional Urban Sports」をコンセプトに開発中の無限の用品を装着したZR-Vコンセプトモデル。スタイリングや走行性能といったクルマの本質にこだわりアクティブに活動するユーザー層に向けて、無限らしいスポーティさを高めるエアロパーツやパフォーマンスパーツなど、妥協なきパーツを装着したコンセプト車両。

無限パーツを装着したZR-V e:HEV スポーツ・アクセサリー・コンセプト

・新型レーシングカー・コンセプトモデル
2024年シーズンの実戦投入を目標にホンダ・レーシング(HRC)で開発を進めているマシンのコンセプトモデル。初日となる1月13日(金)にホンダ・ブースにおいて開催するプレスカンファレンスで発表され、特設サイトにも掲載される。

ホンダ 東京オートサロン特設サイト:https://www.honda.co.jp/autosalon/

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る