ホンダ「ZR-V」いよいよ詳細発表!2023年4月21日発売へ

ホンダは2022年11月17日、新型クロスオーバーSUV「ZR-V(ゼットアールブイ)」の詳細と、2023年4月21日から発売することを発表した。そして、ホームページでもラインアップ・モデルとして掲載されている。

ZR-Vは、アメリカ市場では3代目「HR-V」として4月に発表され、夏頃から発売されているが、その後グローバルモデルとして中国で「ZR-V」の名称で発表。日本では7月に先行情報が公開され、このほどようやく正式にベールを脱いだわけだ。

ZR-Vは、ヴェゼルとCR-Vの中間に位置するC+セグメントのクロスオーバーSUVであり、都会的なセンスで仕上げられている。

ZR-Vの開発コンセプトは「異彩解放」で、グラマラスでエレガントなデザインを採用。エクステリアは、フロントからリヤにかけてボリューム感と滑らかな面が特徴である。フロントはバーチカル(垂直)グリルと、横長でシャープなヘッドライトを組み合わせ、新しいテイストを生み出している。

リヤは、ボディの下まわりにボリュームを持たせ、上に向かって絞り込むことでワイドトレッドを強調したデザインだ。

ボディサイズは全長4570mm、全幅1840mm、全高1620mm、ホイールベース2655mmで、11代目シビックのプラットフォームを採用している。サイズ的にはグローバルに通用するC+セグメントサイズの2列シートモデルだ。また、都会的なクロスオーバーSUVではあるが、最低地上高は190mmが確保されている。

インテリアは、ヴェゼル、シビックから導入されている左右に広がる水平基調のインストルメントパネルを採用。そしてクルマとドライバーの一体感が感じられるように、セダンのようなSUVを目指したインテリアとしている。そして細部にまでこだわった上質さと機能性を両立。また、運転席と助手席の間にハイデッキ・センターコンソールを配置しているのも特徴だ。

また室内には多様な収納ボックス、ドアポケット類を配置し、利便性を向上。ラゲッジスペースは床下収納スペースも設置し、合計395L(FFハイブリッドモデル)を確保している。このラゲッジスペースには9.5型ゴルフバッグが3個積載することが可能だ。

ZR-Vの走りは、ドライバーとクルマが一体化したかのような、軽快で運転しやすく、ドライビングプレジャーが感じられることを目指している。そして不要な動きを抑制し、ノイズを徹底的に抑えた1クラス上の走りが目標になっている。

そのバックボーンとなるボディ骨格は1500MPa級のホットスタンプ材、軽量・高強度な超高張力鋼板などを積極的に採用し、軽量で高強度・高剛性のボディを実現。

そしてボディの空力性能を追求するとともに、ボディ各所に遮音、吸音材を最適に配置し、道路環境を問わず静粛なキャビンを作り出している。

シャシーはシビックから受け継いだ技術をさらに洗練させ、ステアリング系、フロント・サスペンションのフリクションを大幅に低減。リニアで気持ちよいライントレース性と高次元の安定性を両立させている。

AWDシステムは、最新のリアルタイムAWDを採用。リヤに駆動力をレスポンスよく伝達し、雪上や滑りやすい路面でも十分な駆動力と安定性を実現。

パワートレインは、2モーター式の2.0L e:HEV。1.5L直噴VTECターボの2種類をラインアップ。e:HEV用の2.0Lエンジン(LFC-H4型)はアトキンソンサイクル、高速燃焼、高圧多段燃料噴射などを採用し、ホンダでトップの41%という熱効率を実現している。駆動モーターは184ps/315Nmの大出力で、モーターによる走行が優先されている。

e:HEVのシステムは市街地、郊外路などではモーターで走行し、高速走行ではエンジンが直結駆動するシステムで、レスポンスのよさと効率性を両立させている。FFモデルのWLTC燃費は22.1Km/L。

1.5L直噴VTECターボ(L15C型)は、178ps/240Nmを発生。4-2排気マニホールド、斜流タービンなどを新採用し、俊敏なレスポンスと気持ちよい伸び感のある特性としている。トランスミッションはCVTを組み合わせている。WLTC燃費は14.6km/L。

ドライブモードは、スポーツ、ノーマル、ECONに加えスノーモードを新設し、全モデルに採用している。

装備では車載通信モジュールを搭載するホンダコネクトを採用。コネクテッドサービス「ホンダ・トータルケア・プレミアム」を利用することができ、もちろん緊急サポート、車内WiFiなども使用することができる。なおディスプレイは9.0インチ仕様が設定されている。

オーディオは専用開発された12スピーカーのボーズ・プレミアムサウンドシステムを設定。このオーディにより高品質なサウンドを楽しむことができる。

運転支援システムは、最新のHonda Sensingを搭載。ワイドビューカメラ、前後8個のソナー、2個の後方レーダーにより最新の安全支援システムが構成されている。

価格

ホンダ ZR-V 関連記事
ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る