ホンダ 新型「ヴェゼル」を初公開

ホンダは2021年2月18日、4月に発売が予定されているフルモデルチェンジした新型「ヴェゼル」を初公開しました。新型ヴェゼルはBセグメントのクロスオーバーSUVというポジションに変化はありませんが、デザインテイストが大きく変わっており、ホンダのこれからの新たなデザイン トレンドを表現しています。

新型ヴェゼル e:HEV PLAYと開発責任者の岡部宏二郎LPL

今回の発表は、エクステリア、インテリアのデザイン、主要な装備やコネクテッド装備の概略に絞られ、価格や性能、諸元に関しては4月の正式発表後になります。

コンセプトとパッケージングとデザイン

新型ヴェゼルの開発コンセプトは「AMP UP YOUR LIFE」で、その意味はユーザーの生活をより豊かにするクルマとなっています。

日常生活の質の向上を目指し、実用性能、利便性の向上に加え、より上質な価値観を重視しています。そのため、信頼、美しさ、気軽な楽しさを目指し、デザインやパッケージングが行なわれています。

パッケージングは、従来通りフィット系のセンタータンク レイアウトのプラットフォームを採用し、Bセグメントのコンパクトなサイズでクーペ風のデザインながら、ロングルーフのフォルムを活かし、利便性の高い室内スペースを実現。

エクステリアのデザインは、クーペ風のフォルムは守りながらも、従来のウェッジ フォルムにプレスラインを多用したデザインで、水平基調でクリーンなシンプルさにフォーカスし、大きくデザインチェンジをしました。これを「スリーク&ロングキャビン」と呼んでいます。

インテリアは、ソリッド感のあるSUVらしいデザイン処理とし、一方でトリム材などはソフトな触感のパッドを採用。また、操作系は視線移動や動線を考慮したレイアウトとしています。

さらに熱線、紫外線を遮断するガラスのパノラマルーフ、室内全体に気持ち良い通風を行なうことができる新開発エアコンなども装備。

グレードはガソリンモデルのG、ハイブリッドモデルがX、Z、よりアクティブなグレードのPLAYという4グレードで、それぞれにFF、4WDが設定されています。

パワートレーン、装備

ガソリンエンジン モデルは1.5L直列4気筒のi-VTECにCVTを組み合わせています。一方ハイブリッドモデルは、従来モデルの1モーター式のi-DCDから2モーターシステムの「e:HEV」を新採用。この「e:HEV」はフィットのシステムと共通と推測できます。またリアルタイムAWDシステムを搭載した4WDモデルも設定されています。

ヴェゼルとして初採用の2モーター式のe:HEVハイブリッド

新型ヴェゼルは、新たに通信モジュールを標準装備したコネクテッドカー「ホンダコネクト」仕様となっています。ホンダ トータルケア プレミアムを使用することで新機能のナビゲーションの地図更新を始め、車内Wi-Fiスポット、手持ちのスマートフォンをキーとして利用できる「ホンダ デジタルキー」機能なども使用できます。

標準装備される先進安全装備のホンダセンシングでは、ACCは渋滞追従機能付きにグレードアップし、道路標識の検知、後方誤発進抑制機能、オートハイビームなども採用されています。

BセグメントのクロスオーバーSUV「ヴェゼル」はグローバル戦略モデルで、多くの国・地域に投入されますが、現在、ヨーロッパ製の同クラスのSUVのデザインや性能の進化が著しく、こうしたトレンドを意識しながら新型「ヴェゼル」は登場したと考えられます。

ホンダ ヴェゼル 関連記事
ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る