ホンダ 新型「ステップワゴン」のデザインを初公開

ホンダは2022年1月7日、今春発売予定の新型「ステップワゴン」のデザインをオンラインで初公開した。今回はいち早くデザインを披露したが、車両の詳細情報や価格などは正式発表まで待つことになる。

新型ステップワゴン スパーダと開発責任者の蟻坂篤史氏

今回の初公開で、「ステップワゴン エアー」と「ステップワゴン スパーダ」という2車系を展開。ステップワゴン エアーは、「ライフ エクスパンダー ボックス」、ステップワゴン スパーダは「プライム ライフ ボックス」がキャッチワードとされている。

ステップワゴン エアー(左)とステップワゴン スパーダ

開発のグランドコンセプトは「#素敵な暮らし」であることも紹介されている。詳細は明らかにされていないが、従来どおりハイブリッドのe:HEV、ガソリンエンジンのパワーユニットがラインアップされている。

ステップワゴン スパーダ
キャプテンシートではオットマン付き

このニューモデルの開発にあたり開発コンセプトは、ステップワゴンを使う人に利便性が高く、心地よい日々の生活を提供できるクルマとし、「#素敵な暮らし」という言葉が選ばれている。

ボディフォルムは水平基調、ボックス形状という、ミニバンの原点を追求し、使う人にとって車両感覚がつかみやすく、乗り物酔いしにくい、ミニバンならではの使い勝手の良さなどを徹底追求している。

ステップワゴン エアー

エクステリアは、ボックス・デザインを基本に、従来モデルよりベルトラインを高めてボディ全体のソリッド感、安定感、分厚さを表現。ステップワゴン エアーは現在のホンダが展開しているシンプルでクリーンで、上質感のあるデザインとし、ステップワゴン スパーダはよりワイド感や重厚感を付加し、ボディ全周にダーククロームメッキのモールを装着している。

縦型リヤコンビランプは初代モデルのオマージュ

パッケージングは、使い勝手の良いシートアレンジとし、左右独立式の2列目シートの場合は前後方向の超ロングスライド(内側:865mm、外側:610mm)に加え、左右方向にもスライド(右方向:75mm、左方向:115mm)できる機構を採用。3列目シートは従来どおり床下収納式だが、着座位置を高め、クッションの厚さをアップしている。また着座位置を高めたことでより開放的な視界となるなど乗り心地、快適性を向上させている。

2列目シートは前後ロングスライド+左右スライドが可能

インテリアは、大空間のさらなる追求と、自宅のリビングのような居心地の良さを目指している。特にステップワゴン エアーは温かみのあるカラー、トリムにソファ生地のような布を採用している。一方で、ステップワゴン スパーダはダークカラーのインテリアとし、合成皮革を多用した高級感、重厚感の感じられる仕上げとなっている。

2列目シート、3列目シートからも開放的で水平基調の視野が得られる

またインテリアでは乗員が乗り物酔いしにくいように、視界は水平基調で閉塞感をなくし、視野を安定させている。さらに家族で使用することを前提に、全シートが撥水、撥油加工処理とし、汚れを簡単に掃除できるようになっている。

新型ステップワゴンは、開発思想もデザインも原点回帰し、使い勝手の良さと生活の中での心地よさを追求したモデルだ。1月中旬に発売されるトヨタの新型ノア/ボクシーと真正面から競合するモデルだけに、さらなる情報や価格も気になるところである。

新型ステップワゴン オンライン・プレミア:https://www.youtube.com/c/HondaJPPR

ホンダ ステップワゴン 関連記事
ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る