ホンダ 「オデッセイ」をマイナーチェンジ デザインを一新

ホンダは2020年11月5日、上級ミニバンの「オデッセイ」のビッグマイナーチェンジを発表し、11月6日から発売します。

オデッセイ e:HEV アブソリュート EX

3列シートのミニバン、オデッセイは2013年にデビューしており、2017年のマイナーチェンジに続く2回目のマイナーチェンジです。今回はフロントマスク、ボンネット、ヘッドライト、リヤランプやリヤガラスなども変更し、デザインを一新したビッグマイナーチェンジです。特にフロントでは、ボンネットの高さを80mmも高め、存在感を強めています。

新デザインのLEDヘッドライト

インテリアは質感を向上。加飾パネルをインスツルメントパネルの上部に、触感の良いソフトパッドを手の触れやすい位置に配置しています。またパネルのデザインも変更し、高精細フルカラー液晶パネルを3.5インチから7インチへと拡大し、アナログスピードメーターとの組み合わせにより、液晶パネル部に情報をよりわかりやすく表示できるようになっています。

e:HEV アブソリュート EXのインスツルメントパネル
e:HEV アブソリュート EXのシート

また、新たにジェスチャーコントロールで開閉できるパワースライドドアや、キーの予約ロック機能を向上させています。

LEDの光に合わせて手を動かすことで電動ドアが開閉するジェスチャーコントロール・パワースライドドア

ジェスチャーコントロール・パワースライドドアは、中国市場に続いて日本に初導入されたシステムで、スライドドアのサイドウインドウ下端のLED発光部に手をかざし、左右に移動させるジェスチャーでドアが自動開閉、あるいは作動停止ができる便利機能です。

ハンズフリーアクセスパワーテールゲート

リヤゲートは電動化され、リヤバンパーの下に足先を出し入れするだけでテールゲートの開閉が可能なハンズフリーアクセスパワーテールゲートがEXタイプに装備されています。

他に、安全運転支援システム「ホンダ センシング」に後方誤発進抑制機能を追加しています。

2.0Lエンジン+ツインモーターハイブリッドのe:HEV

パワーユニットは、2.0Lエンジン+ツインモーターハイブリッドのe:HEV、2.4Lの直4エンジンの2種類となり、従来設定されていた2.4L直噴エンジン仕様は廃止されています。

価格

ホンダ オデッセイ 関連記事
ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る