ホンダ GSユアサとEV用バッテリーの合弁会社設立へ

ホンダとGSユアサは2023年1月23日、高容量・高出力なリチウムイオン・バッテリーに関する協業に向け、基本合意したことを発表した。今後、2023年中の合弁会社設立を目指し具体的な協議を開始する。

両社は、急速に拡大するバッテリー需要に対応するため、グローバル市場で高い競争力を持つリチウムイオン・バッテリーと、その製造方法を研究開発するとともに、主要原材料のサプライチェーンや効率的な生産システムを構築することを目指し、今回の合意に至った。

この合意に基づく、両社の合弁会社設立に向けた検討範囲は以下の通りだ。

・EV搭載用を中心とした高容量バッテリーの開発
・高出力なリチウムイオン・バッテリーおよび、その製造方法についての研究開発
・研究開発に関する特許などの知的財産の構築および管理
・研究開発による技術を用いた製品や販路の企画 、主要原材料のサプライチェーンを含めた効率的な生産オペレーションの設計など

ホンダとGSユアサは2009年からハイブリッド用のバッテリー製造で合弁会社を運営しているが、今回の基本合意はEV用のバッテリーを前提に、より競争力のある新世代のリチウムイオン・バッテリーを開発することを目指している。

GSユアサ 公式サイト

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る