ホンダ 高齢ドライバーの安全と健康を維持できる社会に向けた共同研究を実施

ホンダ、エーザイ、大分大学、臼杵市医師会は2022年8月12日、高齢ドライバーの認知機能や日常の体調変化と、運転能力との関係性について検証をするための共同研究契約を締結したと発表した。

高齢化が進み、年齢による体調や運転能力への不安を理由に運転免許を返納することで移動の不便を感じるQOL(クオリティー・オブ・ライフ)の低下が社会的な課題となっていることは良く知られている。

この共同研究では、日常の体調と運転中の状態を常に見守り、一人ひとりに合わせた安全と安心を提供することで、高齢ドライバーの安全と健康の維持向上、またその家族や地域の人々が安心して生活ができる事故ゼロ社会の実現をめざすとしている。

同研究において健康データを収集するために、臼杵市医師会立市民健康管理センターで健康診断と認知機能テストの一部を、大分大学・医学部神経内科学講座では主に認知機能テストを実施。

認知機能テストには臨床診断のための画像検査と神経心理学的検査に加えて、エーザイの脳の健康度セルフチェックツールを使用。同時に、日々の体調データを、対象者が装着するウエアラブルデバイスを用いて測定する。

また、運転能力(運転認知行動と運転操作)を、臼杵市医師会立コスモス病院で、ホンダのドライバー行動・状態モニタリング研究技術を活用したツールを使い計測することで、健康データや日々の体調と運転能力がどのような関係性を有しているのかを検証することになる。

この共同研究で得られた成果を生かし、日々の体調や運転行動などをモニタリングすることで、体調不良や運転に関わる認知機能低下の検知と警報の他、体調や運転能力の変化に合わせた安全運転のアドバイス、健康促進のアドバイスを行なうことを検討するなど、一人ひとりに合わせた安全と安心を提供できるよう、新たなソリューションの創出へ取り組むとしている。

・実施期間:2022年9月1日〜2023年3月31日
・対象者:大分県臼杵市に住む65歳以上の人(100名)
・実施主体:ホンダ、エーザイ、大分大学、臼杵市医師会

エーザイ 公式サイト
大分大学・医学部 公式サイト
臼杵市医師会 公式サイト

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る