ホンダ「人とくるまのテクノロジー展2022 」リアル&オンラインで出展

ホンダは2022年5月18日、自動車技術会が主催する5月25日〜27日にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市9で開催される「人とくるまのテクノロジー展2022 横浜」、6月29日〜7月1日までポートメッセなごや(愛知県名古屋市)で開催される「人とくるまのテクノロジー展2022 名古屋」に出展すると発表した。

今回はリアル展示会に加え、オンライン展示も用意されており、両会場に出展する。今回の出展では、2050年の「カーボンニュートラル」と「交通事故死者ゼロ」という新たな目標の達成に向けた最新技術を紹介、展示する。

主な展示内容

・次世代FC(燃料電池)システム:水素社会実現に向けたFCの本格普及を目指し、安価で高耐久性を実現した次世代FCシステムと、それを用いた多用途展開を紹介する。ゼネラルモーターズ(GM)との共同開発による次世代FCシステム、いすゞ自動車と共同研究中のFC大型トラック(映像紹介)、クリーンで高品質な電力を供給できる非常用FC定置電源(映像紹介)などの内容だ。

・ホンダ・モバイル・パワーパックe:モビリティ電動化の課題である航続距離や充電時間、車両、インフラコストを解決する第2世代着脱式可搬バッテリーと、電動三輪スクーターやバッテリーシェアリング技術など、その活用事例を紹介する。

着脱式可搬バッテリー「Honda Mobile Power Pack e:(モバイルパワーパックイー)」と、それを活用しバッテリーの長寿命化に貢献するバッテリーシェアリング技術、Honda Mobile Power Pack e:を動力源に使用した、屋根付きのビジネス用電動三輪スクーターGYRO CANOPY e:(ジャイロキャノピーイー)、Honda Mobile Power Pack e:を使用し、高品質な電気を供給するバッテリー着脱式ハイパワーポータブル電源 Honda Power Pod eプロトタイプなどが紹介される。

・ホンダ・センシング:先進安全技術の進化版として、全方位先進安全運転支援システム「Honda SENSING 360 (ホンダ センシング サンロクマル)」、自動運転レベル3適合技術「Honda SENSING Elite(ホンダ センシング エリート)」が展示される。

・安全・安心ネットワーク技術:ネットワーク技術の活用により、V2Pと先進運転支援システム(ADAS)技術との連携による歩行者端末への警報システムを紹介。

・2輪車姿勢制御:バランス安定化制御とライダー・マシン協調制御により、2輪車の持つ潜在的リスクである「転倒」への不安を軽減する技術「ライディングアシスト」を紹介する。

オンライン会場 公式サイト:https://aee.expo-info.jsae.or.jp/ja/yokohama/

人とくるまのテクノロジー展・横浜 公式サイト

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る