ホンダ 中国現地生産の新型BEV「e:NS1」「e:NP1」を発表

ホンダの中国現地法人の本田技研工業(中国)投資有限公司は、2022年4月25日に中国で現地生産される新型BEVを発表した。

東風ホンダのe:NS1

本田の中国の4輪車の生産販売合弁会社である東風ホンダは、新型電気自動車(BEV)「e:NS1(イーエヌエスワン)」を4月26日に発売し、5月には同じく4輪車生産販売合弁会社の広汽ホンダも新型BEV「e:NP1(イーエヌピーワン)」の予約受付を開始する。

e:NS1のインテリア

中国で初のホンダ・ブランドのBEVとなるe:NS1とe:NP1は、独創、ホンダのものづくりのDNAと、最先端の中国の電動化・知能化技術を融合し開発された「e:N(イーエヌ)」シリーズの第1弾となる。「心動 未体験EV」をコンセプトとし、乗る人の心を揺さぶる新しい価値を提供するBEVとされている。

e:Nシリーズは、様々な走行シーンにおいて瞬発的な出力と繊細な制御を両立する電動モーターを搭載し、510kmの航続距離(中国CLTC基準)を実現する大容量バッテリー、専用のボディー骨格などで構築される「e:N Architecture F(イーエヌ アーキテクチャー エフ)」が新開発されている。

広汽ホンダのe:NP1

さらにはスポーツモデルの開発で培った空力技術など独自の技術を注ぎ込み、スポーティで爽快な走りを追求している。知能化技術では、中国で展開する最新のコネクティビティーとしてEV専用の新世代コネクテッド技術「ホンダ CONNECT 3.0」、15.1インチの大型ディスプレイオーディオを標準装備。

そして運転支援システムとして、ドライバーのわき見などの危険行為や眠気などを検知し、安全運転を支援するドライバーモニタリングカメラ(DMC)を設定するなど、安心・快適でスマートな移動空間を実現している。

エクステリア・デザインは、フロントに発光する「Hマーク」エンブレムを、リヤに従来のHマークに代わる新たな「Honda」エンブレムを採用し、e:Nの新たなアイデンティティーを表現している。

ホンダはe:NS1、e:NP1を皮切りに、中国で2027年までに10車種のe:Nシリーズを投入するとともに、販売、生産などバリューチェーン全体で電動化の取り組みを加速するとしている。

東風ホンダのe:Nブランドコーナー

また、e:NS1、e:NP1の発売に合わせ、オンライン店舗を中国で本格展開する。オンライン店舗では、一対一のダイレクト対話などにより検討から注文までをオンラインで実現している。従来からのショールームも刷新し、広汽ホンダは、北京、上海、広州などを皮切りに電動車専門店の展開やショッピングモールへの店舗設置を開始。東風ホンダは既存の全店舗で「e:Nブランドコーナー」を展開するなどブランド・イメージ変革に挑戦することになる。

広汽ホンダのEV専用工場

一方、現地生産ではe:Nシリーズのラインアップを拡大するため、質と量の両面から安定的に、大量のBEVを供給できるように、広汽ホンダ、東風ホンダともに、大規模なEV専用工場を建設している。2024年の稼働開始を目指し、BEV先進国の中国市場でより本格的なBEV攻勢をかけることになる。

東風ホンダ 公式サイト
広汽ホンダ 公式サイト

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る