【上海モーターショー2021】ホンダ 中国初となるEVプロトタイプを発表

ホンダ中国法人は2021年4月19日、中国・上海で開幕した上海モーターショー2021で、中国初となるホンダ・ブランドの電気自動車(EV)プロトタイプ「ホンダSUV e:prototype」を発表しました。

「ホンダ SUV e:prototype」はEVならではの力強くスムーズな加速性能を追求し、クルマを操る喜びを訴求。また、デザインは未来感のある最新世代のホンダ・デザインを採用しています。

装備では音声識別インターフェースをベースに、コネクティビティ、スマートフォン連携、さらにOTAアップデートなど、先進機能を備えた第3世代ホンダ・コネクトを採用しています。

この「ホンダSUV e:prototype」をベースに開発される市販モデルは、2022年春に発売が予定しており、ホンダ・ブランドのEV攻勢を象徴する第1弾と位置づけられています。

広汽ホンダのブレーズ PHEV

同時に出展された「ブリーズPHEV」(広汽ホンダ製)は、既に広汽ホンダから販売されているSUVの「ブリーズ」がベースです。中国市場専用モデル「ブリーズ」は、日本で発売されている「CR-V」をベースにロングホイールベース化したモデルです。ロングホイールベース化によりリヤシートのゆとりはCR-Vよりも大幅に向上しています。

今回登場したPHEVモデルは、2モーターハイブリッドシステムを搭載し、EVのようなフィールやトルクフルな走りを日常走行のほぼ全領域で実現しています。同時に、長距離走行でも電欠不安のない、EVとハイブリッド車の強みを融合したプラグインハイブリッド搭載の新モデルです。広汽ホンダ初となるプラグインハイブリッド車として、2021年の後半に中国での発売が予定されています。

ホンダは最重要の中国市場で、5年以内に10機種のホンダ・ブランドEVを投入する計画となっています。

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る