ホンダ 2021年モータースポーツ活動計画を発表

ホンダは2021年1月15日、2021年シーズンのモータースポーツ参戦体制など、モータースポーツ活動計画を発表しました。

FIA F1世界選手権は、ホンダとして最終シーズンになります。最後のシーズンに臨むチーム体制は、レッドブル レーシングとスクーデリア・アルファタウリの2チーム、合計4台にパワートレーンを供給します。

2020年仕様のレッドブル・ホンダ RB16

レッドブル レーシングはセルジオ・ペレス選手、マックス・フェルスタッペン選手、スクーデリア・アルファタウリはピエール・ガスリー選手と新たにシートを得た角田裕毅選手という布陣になります。

国内の全日本スーパーフォーミュラ選手権は、ティーシーエス・ナカジマレーシング、ドコモ・チーム・ダンディライアン・レーシング、スリーボンド・ドラゴコルセ、チーム・ムゲン、ビーマックス・レーシングの5チーム/9台のマシンをサポート。

2020年にシリーズチャンピオンを獲得したレイブリック NSX-GT

スーパーGT GT500クラスは、チーム・クニミツ、ARTA、チーム・レッドブル・ムゲン、アステモ・リアル・レーシング、モデューロ・ナカジマレーシングの5チーム体制としています。

アメリカのインディ・シリーズは、佐藤琢磨選手が所属するレイホール・レターマン・
ラニガン・レーシングをはじめ合計6チーム/16台をサポート。シリーズの上位独占を狙います。

佐藤琢磨選手が2度目のインディ500優勝を成し遂げたRLRチームのDW12/ホンダV6

これら以外に、鈴鹿サーキットレーシングスクール、エコ マイレッジ チャレンジ 2021、N-ONE オーナーズカップなど様々なカテゴリーをサポートする計画です。

またシーズン終了後には恒例の「Honda Racing THANKS DAY 2021」をツインリンクもてぎで開催予定としています。日程やプログラムは今後発表されることになっています。

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る