ホンダ インドの自動車生産体制を再編 第2工場に集約

ホンダのインドにおける4輪車の生産販売会社「ホンダカーズインディア・リミテッド」は2020年12月23日、インドでの4輪車事業の基盤強化を目的に、インド国内の生産体制を再編すると発表しました。

生産が集約されることになるタプカラ(第2)工場

持続可能な事業基盤強化のための生産効率向上を目的に、第1工場(ウッタルプラディッシュ州グレーターノイダ)と第2工場(ラジャスタン州タプカラ)の2拠点で行なってきた4輪車生産を、第2工場に集約することになります。

そのため第1工場での乗用車生産は終了します。ただし本社機能、R&Dセンター、2輪車と4輪車およびパワープロダクツの補修部品事業は、引き続きグレーターノイダで運営することになります。

このインドでの生産体制の再編も、ホンダが現在進めているグローバルでの構造改革として過剰な生産体制を見直し、生産の効率化を図る経営戦略に従った決定となっています。

ホンダ 関連記事
ホンダ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る