ホンダ アメリカでの感染者搬送車両提供と日本でのフェイスシールド生産開始【新型コロナウイルス】

欧州では条件付きながら経済活動が徐々に再開されはじめていますが、いまだ感染拡大防止に注力しているアメリカ、日本では収束目処が見えてきません。こうした中、ホンダは以下の支援活動を行なっています。

ホンダは、世界各地で猛威を振るう新型コロナウイルス感染拡大防止にむけ、自治体への「感染者搬送車両(仕立て車)の提供」や「フェイスシールドの生産」などの支援活動を実施していることを公表しました。


このたび日本に続き、米国においても、感染者の搬送車両(仕立て車)の提供を開始しました。まずは、ミシガン州デトロイト市へ、日本時間5月6日に10台を納車。車両は、北米仕様オデッセイを活用し、後部座席に乗車した感染者から前方の運転者への感染リスクを減らすための仕立てを施した車両です。今後もデトロイト市に続き、ニーズの高い自治体への貸与を検討していくとしています。

また、呼吸器の基幹部品である医療用コンプレッサーの生産に対し、ホンダの量産ノウハウを活用した生産支援も開始、月産1万個を目指しています。

国内では、すでに4月13日より感染者の搬送車両(仕立て車)について自治体への無償貸し出し等を開始し、5月1日までに、東京都、埼玉県、三重県、栃木県等の21自治体へ83台の納車をしています。また、フェイスシールドの生産を、ものづくりセンター栃木で5月11日より開始し、自治体を通じて、順次、医療現場へ提供していきます。

また国内での感染者搬送車両の仕立てについて、搬送時の感染リスクを削減するための仕立て(運転席と後部座席に仕切り設置等)作業は、埼玉製作所(狭山完成車工場)を中心に実施しており、加えて、ものづくりセンター栃木、鈴鹿製作所、トランスミッション製造部(浜松工場)で対応しています。

ホンダ関連記事 

Twitter:https://twitter.com/autoprovenet
facebook:https://www.facebook.com/autoprovepage/
Youtube:https://www.youtube.com/user/autoprove/


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る