ダイハツ「コペン」20周年 限定1000台の特別仕様車登場へ

ダイハツの軽自動車オープンスポーツカー「コペン」は、この2022年6月で2002年の初代「コペン」発売から20年を迎えた。このため6月19日に20周年記念イベントを神奈川県鎌倉市の「Copen Local Base Kamakura(コペンローカルベース鎌倉)」で開催した。

そしてダイハツはこれからも軽自動車の可能性と走る楽しさを追求するフラッグシップカーとしてコペンを作り続けることを明言し、20周年を記念した特別仕様車を9月に発売予定であることも発表した。

なお、コペンと地元をつなぐ「ドライバーズカフェ」として2014年6月にオープンした今回の発表会場の「コペンローカルベース鎌倉」は6月26日でいったん閉店し、ダイハツ本社( 大阪府池田市ダイハツ町)敷地内に移転することになる。

初代「コペン」は、誰もが気軽に楽しめる本格的オープン・スポーツカーとして開発され、ユニークなエクステリア・デザインや電動開閉式ルーフ(アクティブトップ)などの独自性と、持つ悦び、操る楽しさという新しい価値観が評価され、現在でも多くの車両が走っている。

2014年に発売した2代目は、コペンの象徴ともいえる電動式開閉ルーフを継承し、さらに新骨格構造「D-Frame」、内外装の着脱構造「ドレス・フォーメーション」の採用により感動の走行性能と、自分らしさを表現できるクルマを実現。「Robe(ローブ)」、「XPLAY(エクスプレイ)」に加え、2015年に「Cero(セロ)」、2019年には第4のモデルとして「GR SPORT(ジーアール スポーツ)」をラインアップするなど、コペンならではの商品展開を行なっている。

20周年特別仕様車は、オートサロンやモーターショーでの反響、コペンローカルベース鎌倉でのオーナーとの会話の中から、20周年を祝福する記念車が検討されたのが開発の契機になっているという。

20周年特別仕様車、コペン 20th Anniversary Editionのテーマは「上質」とし、四季折々の日差しにより様々な表情を見せる落ち着いたアイボリーの本革シートを装備している。丸目のヘッドランプが初代モデルと共通している「セロ」をベースにし、フロントグリルのダイハツ・マークや、リヤに配した筆記体の「Copen」など初代コペンのロゴを復活採用し、車体にはシリアルナンバーを付与するなど、20周年を祝うにふさわしい特別仕様に仕上げるとしている。

この特別仕様車は1000台限定で、6月20日から先行受注が開始される。

20周年記念スペシャルサイト:https://copen.jp/20th_anniversary

ダイハツ コペン 関連記事
ダイハツ 関連記事
ダイハツ 公式サイト


The Mortor Weekly

ページのトップに戻る